関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
「魔女の秘密展」
2015年05月05日 (火) | 編集 |
今日、天保山の大阪文化館へ「魔女の秘密展」を観に行きました。
魔女ってだけで興味津々。GWで人が多いだろうなと思いつつも、行って来ました。

正直、面白くは無かったですわ。地味な展示でしたわぁ。
展示って形で見るよりも、TVの特集番組か何かで放送した方が、深い知識が得られ、想像がかき立てられるのでは?って思いました。
黒魔術って、現代でも残ってますやん?外国だとショップもありますやん?
そういうのも併設すれば良かったのでは?
ちょっとガッカリな展示でした。

お隣の海遊館は長蛇の列。中国語が飛び交いまくってました(^_^;)
お金を落として行ってくれると関西も潤うのですが、正直、中国の経済の成長が鈍化して、共産党の地盤が揺らぐ日が来るのを心待ちにしている私です( ̄∇ ̄)
1年の終りの紅の儀式…
2007年12月05日 (水) | 編集 |
本日、有休を取りまして、最後の紅葉撮影に出かけました。本当は、この時期、月末締めの最中で休むことなど致しませんが、桜と紅葉の時期だけは特例です。両方とも見頃と散り際がございますので。出かけたのは、やはり京都。詩仙堂と円光寺が目当てで行きましたが、行く道すがら、銀杏の葉が、はらはらと風に舞い落ちる様を見て、不安が過りました。案の定!畜生、散ってやがるじゃねぇか、詩仙堂の紅葉っ!拝観料500円は何の為だったのかっ!(`O´) ただ、庭園自体は美しく、仕方なく、落ち葉の絨毯と、わずかに残る紅葉を撮影して、早々に退散。この状況では、円光寺の紅葉も時期遅しと見て、山門までは参りましたが、拝観料をケチり、もう一つのお目当てスポットに歩を進めました。寒風吹く中、汗ばむほどに歩き、地下鉄に乗り、そして着いたのが府立植物園。ここも落葉してたらマジに切れるぜっ!と、ドキドキしながら散策を始めましたが…良かった~、期待通りの紅葉でございました!(TOT) 毎年、紅葉を見て思うのですが、花見よりも紅葉狩りの方が好きですね。花見は季節の始まりの明るい気分に満ちあふれている。反対に紅葉は季節の終わり、そして1年の終りを表しているし、何よりもその燃えるような朱が、燃尽きる前の紅が、ひたひたと近づく冬の気配の中で、静かな情熱を秘めて眠りに着く準備をしているような気が致します。この紅の季節の風景を見ておかないと、自分自身のエネルギーが充電出来ないような気持悪さが残ります。先日行った、真如堂の時は、まだまだ色づく途中だったので、素晴らしく美しかったけれど、欲求不満でした。終りの紅が見たい…今日、1年の締めくくりが出来て、本当に良かったです。今日、偶然にテレビのニュースで、真如堂の風景が放送されたのですが、こちらも燃えておりました。美しい…
紅葉見頃!シャロンさん、無事出産!
2007年11月25日 (日) | 編集 |
今日、紅葉が見頃を迎えているということで、京都に行って参りました。昨年と同じところ、真如堂です。昨年は、ほぼ落ち葉の紅葉しか見られなかったので、今年はジャストタイムに紅葉を楽しもうと、気合いをいれて行きましたら、さすが紅葉の名所、ビューティフルでした!まだ時期は少し早めなんですが、緑から赤へのグラデーションが素晴らしい。燃尽きる寸前の紅も美しいですが、様々な色のモザイクが日の光に溶けているのが、まさに錦といった感じです。しかしっ!むかつくくらいの人、人、人!まあ、自分もその1人なんですが…やっぱり、平日にこないとダメだなぁ。仕事の都合で有休を取れなかったんで仕方ないんですけれど。週末は天気が崩れるって言ってたしね。次の目的地、銀閣寺に至っては、反吐が出るくらいの人混みで、ウンザリ。しかしながら、紅葉の色づき具合はグッドで、まあ、我慢ですね。そんなこんなで、グッタリとお家に帰りまして、「風林火山」を見終りまして、ふと携帯電話を取り上げたら、なんと、元・会社の同僚のシャロンさんが、予定日より早く出産とメールが来ておりました!めでたい、めでたい、めでたいっ!おめでとー!シャロンさん!