関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
ミュージカル「マイ・フェア・レディ」
2016年08月23日 (火) | 編集 |
五輪が終わりまして、ネタも尽きた…
いや、五輪ネタが多すぎて、書いていなかったことも…

20日と22日、寺脇康文さん出演のミュージカル「マイフェアレディ」を観て参りました。
2013年に観に行ってから随分経ってますけど、まだ記憶が新しいうちに再演で嬉しいです。

イライザは今回も真飛聖さんと霧矢大夢さんのWキャスト。
前回は霧矢さんの回しか観なかったのですが、今回は両キャストを観ることができました。
どちらも甲乙つけがたいですねぇ〜。どちらも美しい〜…
が、霧矢さんの方が歌声は好きかなぁ〜…

ピッカリング大佐って原作も本当にビッカリングなのか?
役名と田山涼成さんが、ハマりすぎているっ?!
で、調べてみたら、ピカリングってWikipediaに書いてありました。
若干、田山さんに寄せてみたって感じでしょうか?(^_^;)

このミュージカルは、映画版も真剣に見たことがないし、舞台も2013年版が初めてであるにもかかわらず、ソロ曲のほとんどを知っていて、ちょっとびっくりですね。
いろんな場で、一つ一つの曲が歌われているので、自然と耳に入って知らず識らず覚えてたようです。
親しみやすいメロディーなんでしょうね。とにかく、どの曲も楽しいです。

イライザとヒギンズが主役でありながら、一番ノリノリになるのはイライザの父親ドゥーリトルの場面。
「運がよけりゃ」「だが まずは教会へ 」の群舞は、本当に楽しいです。
松尾貴史さんも、とっても演技が上手いです。

私のお目当の寺脇さんのヒギンズ教授ですが、正直、こんなにコミカルでいいのかと…(^_^;)
でも、とにかく明るいストーリーだし、G2さんで演出を一新したので、このくらいやってもいいなと。
偏屈さ故に滑稽という原作のキャラを踏まえつつ、もう少しチャーミングな人物になっていると思います。

真飛イライザと寺脇さんのお気に入りシーン。
イライザに「ひ」と「し」の発音を区別させるための練習でヒギンズがランプを用意。
寺脇さん、ランプにマッチで火を点けたけれど、ちゃんと点かなくて消えちゃったんです。
で、寺脇さんがアドリブで苛々してイライザに「鼻息っ‼︎」と怒ったんです。
すると、真飛さん、両手で鼻の穴を押さえてアドリブ返し。
その後もずっと押さえっぱなしで、「ひ」と「し」の発音練習。
寺脇さん、「押さえても(発音)は変わらないっ‼︎」ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆
手で鼻の穴を押さえているイライザ、めっちゃ可愛かったです(^O^)
内野さんと波瑠さんの「乳房」
2016年05月20日 (金) | 編集 |
今日、内野聖陽さんと波瑠さんが出演の「乳房」~天上の花となった君へ~を観に行って来ました。
観に行ったというよりは、朗読劇なので聞きに行ったと言う方が正しいのかな?

正直不安でした。この間の「クラウディア」のように寝てしまわないかと…
阿倍野の近鉄百貨店内の近鉄アート館にて、14時開演…って、家に居てたら、昼食後の一番眠たい時じゃないですか?
取り敢えず、前回のように夜更かし読書で寝不足では無かったし、昼食も軽〜くスープにしたし…でも不安(ToT)
と不安がってましたけど、お話に引込まれて、お目目パッチリでいられました。

とにかく内野さんは相変わらずカッコいいし、生の波瑠さんは、本当に綺麗だし可愛い。
女優さんなんだけれども、女優のレッテルを貼るのが、勿体ないような自然な方でした。
こういう人が透明感があるって言って良いと思う。
透明感って、今までにも色んな人に対して使われて来た陳腐な批評だけれども、今日、リアルに具現化した人を見たような気がします。
生を見て、波瑠さんのこと、また好きになりました。
カーテンコールの「あさがきた」を彷彿させる関西弁のお礼も、可愛い。
サービス精神も豊富ですね。

ストーリー自体は、夏目雅子さんと伊集院光さんの愛を描いたものといえば、今までにも何度も取り上げて来られているし、夏目雅子さんをリアルタイムで知っている世代なら、容易に想像出来る範囲のものだと思う。
それゆえに、冒頭に近いパートで、波瑠さんが「月の砂漠」を歌っただけで、これから展開されるであろうエピソードを一足飛びに飛び越えて、夏目さんの最後に思い至り、涙が出ました。早すぎる?(^_^;)

そんな容易に想像出来るストーリーなのに、今日、とても惹き付けられたのは、やはり夏目雅子さんの人間性がユニークで素敵だし、女優としても唯一無二の存在だったから。
もう、あんな女優さんは二度と現れないと認識したのは、没後何年も経って、私が大人になってからでした。

でも、夏目さんを演じた波瑠さんは、これからきっと夏目さんとは違う唯一無二の存在になれる方だと思いました。
今日は、波瑠さんのことばかり書きました。
ザクっと内野さんの感想を言うなら、今日のカッコ良さは渋かった。
いつもの「熱い」感じが無いのが、超〜素敵でした(^_^;)

しかし、天王寺に内野聖陽と波瑠がいるなんて…天王寺にですよっ!
梅田じゃなくて、天王寺にですよっ?!奇跡でしょ?
って、別に天王寺をディスってないです( ̄∇ ̄)
近鉄アート館が出来て良かったなってことです。

そのアート館がある「あべのハルカス」がサミット中休業???
いやいやいやいや、訳わからんですわ。
伊勢志摩と天王寺と、どんだけ離れてるか知ってんのかと。
単に近鉄繋がりだけの接点ですやん。
サミット後の広島行きだって、天王寺がどう関係する?
以前に書きましたが、近鉄奈良線の方も高架下に不審車を置かないように警察からのお達しがあったとか。
だからぁ〜伊勢からめっっっさ離れてるし関係無いんですっ!
って思ってたら、伊勢志摩ピンポイントじゃなくて、周辺のテロ対策ってことだそうで…
まあ、それなら仕方ないかな…?
地球ゴージャス舞台「The Love Bugs」
2016年03月23日 (水) | 編集 |
今日、地球ゴージャスの舞台「The Love Bugs」を観てきました。
前回の「クザリアーナの翼」より好きかな…衣装も可愛かったです(^O^)

前半はダンスパートが多くて凄く楽しかったけど、後半がちょっと暗い。ストーリーも暗い。
そして、戦争批判、戦争反対の政治的メッセージに至る訳ですが、前半があれで後半がこれかぁ…
前半には伏線を引いてないんですよね。なんで一足飛びにメッセージ性のある展開になるのが安直ではないかと…
しかも、そのメッセージもひと昔…ふた昔、もっと前の感覚だなと…
生意気言いました、スミマセンm(_ _)m

しかし、寺脇さんの役は、あまりにもポスターとかけ離れていたので、そうくるのかと…(^_^;)
寺脇さんのBugスタイルも見たかったなぁ〜

あと、城田優くんってイマイチ好きじゃなかったんですが、わかってましたけど、カッコ良かったですわ、やっぱり(^o^)
登場のシーンは、エリザベートのトートがド派手になりました、みたいで……
最後のダンスとか歌って欲しかったです( ̄∇ ̄)

いつも感じるんですが、ミュージカルに限っては、観ている人よりも演者の方が楽しんでいるのではないかと…絶対そうだと思います。
(特に、内野聖陽バージョンのトートとかね…( ̄∇ ̄) )
舞台「とりあえずお父さん」
2016年01月23日 (土) | 編集 |
今日、舞台「とりあえずお父さん」を観てきました。
藤原竜也くんが出演しているコメディです。

可愛いコメディだなと思いました。
屈託なく、素直に楽しめるコメディでした。
浅野ゆう子さんの生を初めて見たんですが、めちゃめちゃスタイルが良かったですわ。
テレビで見るよりも何倍も素敵でした。
正直テレビだと、老けはったなぁ〜と思うんですが、舞台だと若々しく見えます。
太らないように努力してるんだろうな…

柄本明さんは…こちらも生は初めてかな?
表情と仕草が、めちゃめちゃ面白かったです。
竜っくんも笑ってしまって、楽しんでいたみたいです(^O^)

そんな私は、風邪です…家を出る時に頭が重かったんですが、舞台を見終わった後、風邪が進行しているなと感じました。
会社で同僚が風邪をひいていてもうつらないのに、家族が風邪をひいていると必ずうつってしまいます。
仕方ないことですけど、一番最初に家に風邪を持ち込んだ人を恨んでしまいますね…
寝ます。
「才原警部の終わらない明日」
2016年01月07日 (木) | 編集 |
舞台「才原警部の終わらない明日」を観てきました。

久しぶりのネタものっていうか…クッソ馬鹿馬鹿しい舞台でした。
ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆
楽しかったっすわぁ〜。ある意味、お正月向き?

主演は堤真一さんで、ぶっちゃけ、チラシが面白かったのでチケットを取ったと言っても過言ではありません(^_^;)
あとは、小池栄子さん勝地涼くんが出ていて、3人とも久しぶりに舞台で見たいなと。
今まで堤さんは、蜷川と新感線の舞台で拝見したことがあるのですが、失礼ながら?、才原警部が一番良かったです。
っていうか、役者さん皆の弾けっぷりが、めっさ良かったですわ〜。
清水冨美加ちゃも、根性が座ってて良かったです。

この脚本書いたのは誰?福田雄一氏?
で、調べましたら、堂本剛くんの「正直しんどい」の構成や、「33分探偵」の脚本、そして堤さんの「俺はまだ本気出してないだけ」、さらに伝説の鈴木亮平さんの「変態仮面」の脚本と監督…
なんつーか、これだけで全て理解出来たような気が致しました…
( ̄∇ ̄)

堤さんも振り幅が大きいっすよねぇ〜。私的には鴨井の大将よりも、才原警部の方が好きです(^O^)
そして、ヒノノニトンの栗きんとんの食べ方が可愛い!と思ってます。
アクサダイレクトは…年寄り臭くて嫌です(^_^;)

まあ、そんなこんなでお正月から、笑えて楽しかったです\(^o^)/
これ、才原警部の…でシリーズ化して欲しいなぁ〜と思いました。
TEAM-NACSの舞台「悪童」
2015年07月18日 (土) | 編集 |
今日、久しぶりのTEAM-NACSの舞台「悪童」を観てきました。
今回は、脚本も演出もメンバー以外に外注されたそうですが、面白かったです。

コメディでミステリーっぽくて、人情味があって…キチンとして、遊びがあって無いような…
物語の中の時間の流れも数時間で、コンパクトで密室劇っぽくて良かったです。
上演時間も短くて、ぎゅっと面白さを凝縮した感じです。
観ている方も、疲れない…正直、最近、休憩を挟んで3時間以上の舞台は疲れます。
ぶっちゃけ、3時間もかかる脚本ったどうなん?とも思ってしまいます…
あっ、シェークスピアつーか、古典は除き、です。

TEAM-NACSのメンバーの脚本と演出も面白いけれど、全部外注するのもアリだなと思いました。

観劇から帰宅致しましたら,ドラマ「相棒」の新相棒がっ…?!で、びっくりしました(@.@)
舞台「禁断の裸体」
2015年04月29日 (水) | 編集 |
内野聖陽さん出演の舞台「禁断の裸体」を観に行ってきました。

かなりセクシーな舞台ですが、内野さんと言えば、秋山奈津子さんとの2人芝居「ブルールーム」で、すっぽんぽんを何回も何回も何回も何回も見たので、十分許容範囲内でした(^_^;)
寺島しのぶさんの脱ぎっぷりが潔い。手足が長くて、脂肪はほとんど無い。
脂肪が無い分、スタイルは良いが残念ながら貧乳…
まあ、ただでさえセクシーな舞台なので、グラマーなバストの女優さんだと、ちょっとエロ全開で、見るのが耐えれないかも…( ̄∇ ̄)…

内容はっていうと…イマイチ、面白く無かったなと。例の「…で?……んで?!」って感じ。
内野さん出演舞台なら、「THE BIG FELLAH 」が凄く良かったので、今回は消化不良。
次回の秋山奈津子さんと共演の「東海道四谷怪談」に期待いたします。