関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
謎のハーブティー & 謎の新「相棒」
2012年02月29日 (水) | 編集 |
捜しても見つからないハーブティーがあります。
無色透明でベリーの香り、ラズベリーかもしれません。甘さは香りだけで、味は酸っぱい…酸っぱいといえばローズヒップやハイビスカスでは?と思うんですけど、この2つって紅い色のお茶ですよね。無色透明で酸っぱいというとレモングラスなんでしょぅか?色々ネットで捜したんですが、わかりません。
骨盤矯正してもらうところで、最後に出してもらうお茶が、美味しいんで捜してるんですが見つからない。
直接聞けばいいんですが、忙しそうだし、私も毎回聞くの忘れちゃうんですよね…
今度こそ聞いてみようと思います…また忘れちゃうかな…

さて、「相棒」の新しい「相棒」は誰なんでしょう?いつもファンの想像に浮かぶのが、今日のゲスト、準レギュラーの原田龍二、ジンカワ君。私的には、こういう暑苦しいキャラは、たまになら面白いけれど、毎週だと、そして3年くらい続くとなると、鬱陶しいにもほどがあるっ!と、見るのを止めてしまいそうですわ(^_^;)
私的には、亀山が去った後の杉下一人きりのシーズンも、なかなか好きだったんですがね。たまには一人でもいいんじゃないですか?まあ、タイトルが「相棒」なのに…ですがね…
「DKJ」って何?「無糖派」って何?
2012年02月28日 (火) | 編集 |
先日、美容院で「STORY」という40代向け女性誌を読んでおりましたら、「DKJ」やら「無糖派」などという語句を発見致しまして、なんぞやと。で、読んでいくと、「DKJ」は団塊世代ジュニア、「無糖派」というのは、SWEETでLOVELYな要素を抜いた、クールな色とスタイルのファッション傾向を好む人達という感じです…団塊世代ジュニアの女性は、巷では「スイーツ」と揶揄されている世代にも関わらず、ファッションは甘く無いと……複雑です(^_^;)
ぶっちゃけ、DKJなんで略してるのが阿呆かと思うし、無糖派ってファッション用語としてカッコいいですか?なんかイマイチ過ぎると思ってしまいました。ファッション雑誌でありながら、格好悪い造語で失笑です。
で、その無糖派ファッションっていうのも、私の趣味に合わないし。やたら流行りの美魔女を意識してるし…つまらないですわ。
まあ、私のファションセンスも大したことはないんで、「STORY」読者からいうとクズみたいな格好なんでしょうけど。私は明るい色合いが好きだし、どこかほんのり可愛いか、ちょっと変わったデザインだなと思うような服を選びます。髪の毛も世間ではロングの人がほとんどですが、私はショートカットで、前髪は鬱陶しいから、ある時代から作らず、パーマもあてず…お陰で、髪の毛は健康だし、美容師さんにも量も多いし艶もあると言ってもらえました。まあ白髪はちらほらあるんですけどね…しゃぁないですね、歳だもん。
という訳で、「STORY」を読む資格の無い私でございますが、たまにこういう雑誌を見ると、巷の流行りがわかって面白いですね。
映画「逆転裁判」のロケが大阪で?!
2012年02月27日 (月) | 編集 |
アメリカのアカデミー賞。私的には、いつの頃からか全く興味ありません。最近、食指の動く作品がありませんので。かといって、日本のアカデミー賞は、もっと興味無いですけどね。
メリル・ストリープが主演女優賞とか…えらい実力派ベテラン女優が受賞しちゃいましたねぇ。言い換えれば、王道を退けるような演技をした女優はいなかったということでしょうか?まあでも、ストリープは好きな女優なので、驚きは無いけど、良かったです。
さて、成宮寛貴君主演の「逆転裁判」ですが、なんでも、ロケを大阪の中央公会堂で行ったとかっ?!いやーん、見に行きたかったよぉ~(ToT) そんなに近くに来てるんなら、一言行って欲しかったよぉ~(ToT)
淀屋橋から北浜にかけての川岸が、とっても奇麗な遊歩道に生まれ変わっているのを、先週の金曜日に知ってビックリ。まだまだ工事は続くんだろうと思っておりましたのに…月日の流れるのは早いですわ。北浜から歩いてくると、中央公会堂が正面からよく見えます。
成宮君も、少しは中央公会堂付近のレトロ&近代的な建物、そして新しい遊歩道を見て貰えたかな?私のお気に入りの場所なので。
土佐堀川沿い、堂島川沿い、古いビルやら摩天楼やらが混在している場所で、歩いてるとなかなか楽しいんです。ただし、冬場は川風で凍えますけど…
敏感肌は辛いよ。
2012年02月26日 (日) | 編集 |
今年の冬は、肌の乾燥が酷く感じられます。やはり寒い日が多いからでしょうか?特に2月中旬からカピカピな感じです。そろそろ三寒四温の日々だと思うので、寒の戻りはあっても、徐々に気温は高くなるだろうと思うのですが…肌の色もくすんでしまいました。
お風呂上がりに顔の手入れをして、寝る前には乾いていて、それでまた潤して、朝になったら乾いていて…以前は、朝は潤ってたんですけどねぇ。加湿器もつけているのにねぇ…歳なんでしょうか?歳のせいなのかっ?!
取りあえず明日は、高保湿の化粧品を買いにいこう。といってもドラッグストアで手に入るような安物化粧品ですけどね。アトピーがあるので、高額な化粧品の高額な美容成分でアレルギーを起こすことが多いので、最近は、安くてジャブジャブ使えるものにしています。
それより、やっとお気に入りのシャンプー&リンスを見つけたと思ったら、近々生産販売終了すると案内がきて怒っています。また、一から色んな商品を試すことになるのか…ほんと、敏感肌は辛いですわ。
北欧の人気雑貨チェーン店「タイガー」1号店が大阪に上陸!
2012年02月25日 (土) | 編集 |
北欧の人気雑貨チェーン店「タイガー」が今夏にもアジア1号店を大阪に出店する、というニュースを数週間前に知りまして、安カワグッズが好きな私は、凄く期待しています。ただ、どうせ梅田に出来るんだろうなと…難波か心斎橋に出来てくれたら嬉しいのにな。梅田って本当に人が多くて嫌いなんですよね。まあしかし、渋谷に比べたら屁みたいですけど…渋谷は何度行っても殺意が湧きますね、あの人の多さ……は、置いといて、今日、何故に大阪に一号店を?という記事を読みましたら、「東京に比べ都市のサイズがコンパクトな大阪で1店舗をオープンしたら、全体からお客さんに来てもらうことができ、広く知れわたると考えた」そうです。いやいや、どうせ「タイガース」狙いでウケ狙いでは?という意見もあって、そんな阪神ファン頼みの商売は、さすがにしないとは思うんですけど…デンマーク風トラッキーとか発売されたら、まあそれもアリなのか…?いや、絶対にトラッキーは今のトラッキーのままでいて欲しいっ!と、自分の妄想で一人遊んでいます。でも、一体、一品いくら位の値段なんですかね?私は300coinsをよく利用するのですが、そういうノリの店なんでしょうか?大阪だけに、値段はシビアではないかと。
とにかくどこに出来るか、さっさと発表して欲しいもんですわ。
寝ます。
2012年02月24日 (金) | 編集 |
今日は友達と会って飲み会。凄く御機嫌で、これから寝ます。
クリアファイル・フェチなのか、私?
2012年02月23日 (木) | 編集 |
文房具・備品を買い放題、社内のCPUシステムも度々変わる…このような会社は潰れる可能性大、というのが私の経験です。しかし、やたら何でもケチる会社も如何なもんかと。
いつの時代ですか?という景品で貰ったようなボールペンが林ほどにあるとか、なのにクリアファイルが数枚しか無いとか、机の引き出しの中がグチャグチャで整頓されていないとか…めっさ、仕事する時にテンション下がりますわ。
クリアファイルは大事ですよ。新品でなくていい、汚れてようが多少折れてようがいいんです、とにかく十分にストックがあって欲しい訳です。仕事の段取り的にもクリアファイルで明確に書類を分けておきたいっ!クリアファイルを見るとトキメキさえしますわ。時々、ノベルティで綺麗な柄のクリアファイルをもらうんですけど、絶対に使いません。ちょっとした宝物です。クリアファイル・フェチなのか、私?と気づいたのが、今日ですね。クリアファイルが手元に無いっていうことが、こんなに苛つくとは思いませんでした。しかし、現在の会社は小さい会社で、文房具を買うに事前に社長にお伺いを立てないといけなく、それがウザイんですよ。それくらい管理している会社なら潰れないとは思いますけどね…
オーダーメイドの靴……高いでしょうな…
2012年02月22日 (水) | 編集 |
自分の足に合った靴が無い…ずっと悩んでおります。
足のトラブルの症状を調べて、原因はこれではないかと思ったのが、足の甲が薄い&踵が細い。若かりし頃は靴が合わないと感じたことが無かったんです。それがある時から、市販の靴が妙にデカイと感じるようになりました。今までと同じサイズがスポスポ脱げるんですわ。で、最近の日本人はガタイが良くなったせいで、私のような中年に合う靴は作られないんだなと感じました。
23センチEワイズがブカブカ。これを22.5センチに変えると窮屈。しかし22.5センチ2Eか3Eに変えても、しっくり来ない。そこで,ネットでDワイズの靴を買ってみたら多少マシなんですね。でもジャストって感じじゃない…冬場はブーツがあるからいいんですけど、改まった服装の時や、春に向けてパンプスが必要。サイズが合わなくなってから、大昔に買った靴を大事に大事に履いてたんですけど、さすがにヨレてきたんです。どうしたもんかと…
で、オーダーか…?オーダーメイドなのか…?!高額なのかっ!という図式になりました。買うんなら、仕事をしている今、奮発しておこうかと…初めはプレーンなパンプスを作れば、そんなに高くならないんではないかと…甘いですかね。カード払い、OKかしら?分割はOKなのかっ?!
取りあえず、オーダーメイドの靴、1度試してみたいと思っておる今日この頃です。
私だったら、ランボー怒りのアフガンになります。
2012年02月21日 (火) | 編集 |
昨日で、引継をしてもらっていた女子社員がお辞めになられました。まあ、辞めさせられたんですけど…先日の日記でも書いたんですが、経理の経験も無いのに、そして「経験がありません」と明確に宣言しているにも関わらず、意欲さえあればと採用されたのにも関わらず、知識がなさ過ぎて仕事についていけず、挙げ句に辞めさせられると…めっさ可哀想な話なんですわ。まあ、この人が辞めさせられるから、短期間でも私が仕事にありつけた訳ですけど…気の毒ですよ。
そもそも何で採用してん?って話なんですけど、どうも紹介らしい。要するにプチ・コネ。ゴリ押しじゃなくて、軽押しなコネみたいです。でも、ゴリではなくてプチだったら、断ればいいじゃん。経験者に限るんですと言えばいいじゃん。私が女子社員の立場だったら、暴れるね…ランボーみたく、ビル丸ごと破壊ですわ( ̄∇ ̄) まあ、破壊すると、私の仕事も奪われるんですけど…(^_^;)
職場の人は良い人ばかりなんで、このような無慈悲な仕打ちをしそうに無いのですが、あまりにも考え無く採用してしまった訳ですね。
で、今日は私の独り立ちの日です。ぶっちゃけ、未経験者からの引継なんで、満足な引継もしてもらってません。というか、私の方が知識があるので、引き継がれることも無いんですが、給与計算とかしたことないので、ネットで調べて、やり方を確認しました。いくつになっても、勉強出来るのは嬉しいですね。それを考えると、ひとところに長い期間勤めるよりも、色々な業種で、色んな職種を経験するのもいいかも…と、この就職難の時に、何を甘いこと言うとんねんっ!って話ですけど…マジにそう思います。
光市母子殺人事件…死刑判決確定…当たり前だと思ってしまう。
2012年02月20日 (月) | 編集 |
広島県光市の母子殺害事件の判決で「死刑」が確定しました。
この判決が出ると知ったのが先週末。休みを挟んだので、どう決着がつくのか、早く知りたいっ!と思っていました。そして、もし無期懲役でもなろうものなら、不愉快な一週間が始まるところでしたが、「死刑」だったので、気持ちが楽になりました。
自分と何ら関わりのない人の命が強制的に断たれることに、こんなにも安堵を覚えるのは、きっと死刑廃止論者からすれば、人でなしなんでしょうけれども、たとえ人でなしと呼ばれようとも、残虐な殺人犯に死刑が与えられたことが、一般市民として嬉しいし、安心しました。
少年で未成熟だったから人を残虐に殺していいってことはない。そんなこと、幼稚園児でもわかると思う。親の教育が悪い?親が連続殺人犯で、それを手伝わされていた少年っていうんなら、まあ劣悪な教育で酌量の余地有りですけど…

弁護団は声明で「捜査段階で作成された虚偽の自白に依拠し、判断を誤った」と指摘。「反省の日々を送っている(被告の)姿勢に目を向けようとせず、更正の可能性を否定した」と非難。……反省の日々ねぇ…30のオッサンになるまで、裁判が長引いたから、反省の「日々」なんて言えるけど、即効死刑にされてもよかった罪を、今までダラダラ生きながらえてきただけでも、有り難いと思えっ!
弁護士の入れ知恵で、ドラえもんがぁ~とか精神異常を装ったりして、ほんと、普通に平和に幸せに暮らしていた被害者に対して、殺害に飽き足らず、殺害後も冒涜し続ける神経が、犯人、いやそれよりも弁護団に怒りを覚えますね。粛々とした、真実のみに導かれた裁判であるならば、あるいは、犯人に対する憎しみは、若干減じたかもしれません。弁護のやり方を完全に間違えているんではないか?橋本市長にテレビでボロカスに言われたのも無理はないのでは?犯人を養子縁組までした弁護士もいるんでしょ?命がけで依頼人を守るというバフォーマンスなのか、マジで理念が聖域にまで達しているのか?……どっちにしても、そこまでするの、気味が悪い…
とにかく、本村さん、長い年月、お疲れ様でした。ただ、これからどう生きていかれるのか…出来れば、一時でも事件を忘れていられる時間と日々が送れますように。
それから、「少年」はもう止めて欲しいですね。ずっと前から「犯人」です。
オセロの中島奪還作戦を考えるべき。
2012年02月19日 (日) | 編集 |
オセロの中島さんなんですけど…これって、なんとか占い師から助け出せ無いんでしょうか?拉致監禁と同じですよね。明らかに洗脳されてるってわかっていても、成人だと本人の意思で音信不通にしていると判断されてしまうんでしょうか?武装して突入して人質奪還という作戦、警察はとれないの?ほんま、何の為の警察やねんっ!

松嶋さんより中島さんの方が好きでした。なんつーか、松嶋さん、いや松嶋って下品過ぎて見ているのも辛い。というかイタいっ!リンゴ・モモコも下品。一見、下品そうな海原やすよ・ともこが意外と実質マシなのは、やはりおばあさんの躾が良かったのかも?関西って、こんな女ばっかりとか、絶対に思われたく無いですね。
そんな中で、中島さんは、その当時では今風で知性派、だけどリンゴみたいにひけらかさないとこが好きでした。綺麗だし。サバサバして裏表の無いキャラも好きだった。まさか、占い師に頼るとか、ましてや「洗脳」されるような人とは思えません。よっぽど、何か弱ってたんだと思います。人の心というか、脳の働きというのは不思議ですね。脳がストレスで誤作動を起こして引き起こされる体調の変化は、度々、医学的番組で放送されているので、知識としては理解出来ます。が、この世に生きる動物の中で、人間が一番高度な脳を持っていると思ってたんですけど…高度ゆえにファジィ過ぎたり、厳密過ぎたりする働きで、人は普通じゃなくなってしまうんですね。

統一教会、オウムの時は、洗脳、マインドコントロールを解くのにどんな方法を使ったんだろう?とにかく、諸悪の根源の人物から引き離さないとっ!もう松竹芸能全員で、踏み込んで連れ帰ってきたらどうなんですかね?なんか、マスコミも無責任に興味本位だけでネタにしてるの、イライラしますわ。言うてる場合かっ!同じような情報をいつまでも転がしてないで、奪還策でもシュミレーションしろっ!とイライラします。
L'Arc~en~Cielのファンも虹色に輝きたいですね。
2012年02月18日 (土) | 編集 |
録画していた、BS朝日とNHKのL'Arc~en~Cielの20周年記念番組を見ました。1つだけ感想を述べるなら、みんな昔よりも今の方が、ずっとカッコ良くなっているってことですかね。今、昔の映像を見ると、やはり青い感じがします。現在の方が、豊かな大らかな雰囲気を持っていて、それが貫禄にもなってるし、「青く無く」、自由に羽を伸ばしている若々しさを感じる。なので、これから先のL'Arc~en~Cielも、どうなっていくのか、とても楽しみです。
感動した映像は、やはり、初めてのフランスでのLIVEで、「あなた」のサビをフランス人のファンが大合唱している絵です。あれは、テレビで見ていても、涙が出そうになります。一ファンの私でもウルウルくるんだから、L'Arc~en~Ciel本人達は、きっともっと感動したんだろうなぁ、良かったなぁ(ToT)と、見ながら涙を拭きました。
この2つの番組で、20年間の各局所蔵の映像が流れましたけど、hyde様の髪型の変遷も楽しいですね。私的には、短いよりも、やはり肩を少し越えるくらいのヘアスタイルの方が好きです。hyde様のようなヘアスタイルを真似しても、絶対にhyde様とは別物になってしまう悲しさを味わったファンは多いはず…?(^_^;) 各々の個性が、全く違う色で七色に輝くバンドがL'Arc~en~Cielなんだから、ファンも自分自身のロックテイストを見つけて、メンバーの真似をしないで、誰とも違う個性で勝負したらいいと思う。L'Arc~en~Cielのファンの数だけ、個性を輝かせてLIVEに行ったらいいですよね。LIVE会場全部が、虹になるように…それってカッコいいわぁ~!
寒いっす~!
2012年02月17日 (金) | 編集 |
寒いっ!私的には、今日がこの冬で一番寒いと感じたような気がします。そんな寒い中、白子鍋を食べに行きました。
お酒も飲んで、暖まりましたけど、店の外に出た途端、寒冷地獄がっ(ToT)
寒いけど、酔いは醒めることなく、現在、睡魔が…寝ます。
多作過ぎる?三池崇史監督。
2012年02月16日 (木) | 編集 |
録画はするけどなかなか見ない方です。録画したことで満足してしまう感じ。でも、HDの容量もあるので、最近露出が多い成宮寛貴君の録画を見ました。全部、バラエティなんで、緻密なインタビューとかは無いのが残念ですね。というか、映画一本のプロモーション活動って大変だなぁと…体力いるなぁ…と変なことに感心してしまいました。成宮君が、こんなに頑張っているんだから、「逆転裁判」、見に行こうかな…なんて、思っています。
ゲームの登場人物に綾里千尋というキャラがあるんですが、これが結構、映画版の檀れいさんの雰囲気と合ってるんですよね。ゲームキャラは、もうちょっとバストはあったような…っていうか、巨乳だった?
で、監督が三池崇史さん。三池さんって本当にどんな映画でも撮りますよねぇ~。仕事、断らないんでしょうね。昨日は相棒にチョイ役で出てたし、なんでもアリかよっ!みたいな。私が見たのはテレビドラマの「SABU ~さぶ~」。藤原竜也君が主演のドラマなんで見たんですけど、なかなか良かったです。あとはWOWOW製作の三上博史様主演の「交渉人」。どちらも硬派って感じのドラマでした。「忍たま乱太郎」や「ヤッターマン」「ゼブラーマン」を撮るような監督ではなさそうなんですけでね…きっと監督業を楽しんでいるんじゃないのかな?って思います。恐るべし、三池崇史。
「相棒」の相棒が変わる度に出る噂…
2012年02月15日 (水) | 編集 |
本日の相棒、いよいよミッチー卒業のカウントダウンみたいなストーリーでしたね。で、寺脇さんの時もミッチーの時も出た噂が、水谷豊を怒らせたから……いやー、それは無いんじゃないですか?と思うも、温和そうな人ほどキレると恐いっていうのはありますね…しかし、昔の職場でミッチーのファンの人がいたんですけど、当時、自称「愛の墮天使」などと名乗るようなオチャラケキャラでありながら、本当はちゃんとした好青年だと聞いておりましたので、嫌われるようなことはないのでは?何と言ってもミッチーは、L'Arc~en~Cielの曲を「映像が見える」と褒めてくれたので、キャラの好き嫌いは別にして、人そのものは好意的に思っておりました。まあ、今回の噂自体の元は低俗な女性自身ですからね。信用度低過ぎ…(^_^;)
それより、女性自身に最終回のあらすじも書いてあるそうで、
「右京と神戸尊、ある問題で意見が対立。神戸は、強く反対する右京の意見を押し切って、ある人物を誘拐してしまう。その勝手な行動に上司の右京は激怒。そして、神戸は他部署への左遷を命じられ、相棒の2人は解散する。」
どうですか、この内容?荒唐無稽な気がするんですけどねぇ。だって、このストーリーを本当に最終回に持って来るつもりなら、今日の神戸が漏らした「覚悟を決めた」という言葉はなんなんでしょう?
たとえ、水谷さんに嫌われていても、相棒ファンのことを考えれば、ミッチーには新たな道を歩ませる希望のある辞め方にすると思うんですけどね。最終回、楽しみにしてますわ。
大袋チョコでバレンタインをまかなってしまった私って…
2012年02月14日 (火) | 編集 |
本日、バレンタインデー…新しい仕事について4日目。職場の女性は私と、あと数日で辞める社員のみ。さて、チョコレートをどうする?って考えることも無く、チョコのことなんか忘れてました。感謝のしるしチョコは、月1にしか合えない人だったので、初旬に渡し済み。有名なケーキ屋さんのチョコでした。なんで、行事は自分の中で済んだと思っていました。たった4日しか勤めていない会社の、しかも高齢者ばかりの職場、糖尿他、何か病気を持っている場合、糖分の取り過ぎはいかがなものかと…4日しかいてないので、甘い物好きかどうかもわからない…しかし、何も無いのは寂しいか?……
という今朝、ふと買い置きしている明治の大袋チョコを思い出しました。ミルク、ブラック、激ミルクの3種類が入ったやつ、パッケージでいうと、茶、黒、赤の三色が入ってるのん。これで……いいか?…いいのか?…エエやろ!という、ほとんど面倒臭い感じで持って行きました。やっす~いやっっっす~~~いチョコなのに、意外と喜んでもらえて、びっくり。やっぱ、バレンタインの雰囲気が楽しいんでしょうな。
ただ、喜んでもらえたことで、反対に罪悪感。義理丸出しというか、義理以下というか…だって、4日目ですよ、給料もまだ貰ってないんですよ?この程度で十分ですよね……?と思いつつも、500円以下でしかも買い置きで7人分をまかなってしまった私って…ケチというか、ザックリというか、男っつーか、末代までの恥にならなきゃいいけど(^_^;) 西日本一、ケチなチョコをあげた奴になったりして?
私はゴディバとかの高級チョコレートは苦手。やっぱ、明治でしょ?グリコでしょ?森永でしょ?そーだ、あげるんなら不二家のハートチョコの大袋だったら良かったのにっ!買い置きが無かったんですよねぇ…って、反省の色、まるで無しでございますm(_ _)m
ホイットニー、偉大なスターだったのに…残念無念です…
2012年02月13日 (月) | 編集 |
ホイットニー・ヒューストン…早過ぎる…残念過ぎる…どうしてこうなった?なんつーか、アメリカで大成功するっていうことは、夢なのか悪夢なのか、紙一重のような気がする。本人よりも周囲に影響されるんではないでしょうか、例えば夫ね……
特別にホイットニーのファンだった訳では無いんですけど、私の中では、マライアよりもホイットニーなんですよね。声にパンチというか、破壊力がありますやん?あれがね、根性入れて歌ってますっ!って感じがして、カッコ良かった。滑舌のいい英語だったし…そしてもちろん、ウイスパーな歌声も綺麗だし。ウイスパーからサビで、きたぁぁぁぁぁーーーっ!という感じの突抜感、緩急の落差が好きですわ。
一時期、歌のレッスンを受けてたんですけど、歌って気持ち良くなれる曲って、なかなか無い。中島美嘉さんのハイトーンなサビの曲とか、それ以外の人は随分とキーを上げて歌ったりしてたんですけど、物足りない。外人も色々試したんですけど、イマイチな感じ。そこで、やはり熱唱と言えばホイットニーな訳なんです。キーも調整しなくても合ったし。「I HAVE NOTHING」「RUN TO YOU」「DIDN'T WE ALMOST HAVE IT ALL」を練習してました。結構、体力使うんですよね。だから30分レッスンを受けた後は、気分爽快でしたねぇ…
48歳なんて全然若いし、まだまだ歌えるはずだったのに…貴方はアメリカの宝だったのに…残念過ぎる…
ホイットニーのベスト「THE GREATEST HITS」を引っ張り出してきて、聞いてみよう。
女子の四大陸選手権の色々…
2012年02月12日 (日) | 編集 |
四大陸選手権、終わりました。
真央ちゃん、二度のトリプルアクセルの挑戦、カッコ良かったっ!難易度どうこうよりも、成功の確立が高くなってきたとは言え、まだ不確かな大技に挑戦する姿、男気があるわぁ~、奇麗な顔してるのにねぇ。まあ、でも言うても調子良くなってから、そんなに時間経ってないしね。というか、ジャンプの修正って、もっと時間かかるらしいのに、よくぞここまで(ToT)ですわ。
ただ、衣装はどうなんかと…ショートのパンツスタイルは足の長さが強調されてカッコ良かったけれど、滑るのにウザそう…って思ってたら、本当に滑りにくかったらしいですね。ただ、曲にはぴったりあってたので残念。フリーの方は、前のシーズンからなので、変わったのもみたいなと思ってましたけど、今回の衣装はインパクトがなさすぎるような…薄紫オンリーでは地味で若々しさが無い。薄紫と桜色の中間の色とか,あるいは両方の色で滲んだようなグラデーションにしたら、夢という雰囲気が出るんでは?と、何様発言でございました。
それを言うなら、村上さんのショートはいいんですけど、フリーの衣装は曲にあってますか?私のメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲のイメージは、もうちょっとシックでエレガント、少し悲劇的な雰囲気なので、全然違う気がしました。またまた何様発言でした。

さて、優勝したアシュリー・ワグナーと3位のキャロライン・ジャンの演技が力強くて素晴らしかったですねぇ。とはいえ、この2人、一体今までなんでアカンかったんでしょう?こんなに滑れるのに…ジャンは明らかに体型の変化でしょうね。ジャンが出てきたとき、なんだこのボウフラかミジンコみたいなチビは?!パールスピン?何がいいか全然わからんわっ!と思っておりましたら、しばらくしたら、誰?アンタ?ってくらいにデカくなってたので、ああ、デカクなったから体の変化についていってないんだな…と。でも、ボウフラミジンコの時よりも、ずぅっと人間らしくなって良くなったと思ってました。そして今回、良かったですねぇ~。パールからビールマンに持って行くスピン、物凄く綺麗でしたわぁ~。なんやかんや行ってもアメリカも選手層が厚いですね。
で、ずっと前から出てるけど、鳴かず飛ばずだったワグナー。鳴かず飛ばずっちゃ、アリッサ・シズニーもしばらくそうでしたよね。でもシズニーは結構年齢が高いけど、ワグナーはまだ20歳。これからドンドン鳴いて飛ぶんでしょう。
しかし、2人ともこの間までの演技とは全然違うんでビックリですわ。ワグナーは「ブラック・スワン」を演じましたけど、あーあ、こんな有名な映画を題材にしちゃって、演技がショボイと実際よりもショボく見えるやん…とこの間までは思ってましたけど、今日は、めっっっさガンガンにブラック・スワンでしたねぇ。最初からこれくらいカマして欲しかったわ。真央ちゃんも、「鐘」ほどに重厚な曲はしんどいけど、ドラマティックな曲をいつか滑って欲しいな。
つーか、未来ちゃんはどうした?!と思って調べたら、今回の全米は散々な出来だったようです。この方は波が激しいですね。

今度はカナダの2人。ラコステとファヌフ。どうしてカナダは…兄貴系なんでしょうか?(^_^;) そういえば初代兄貴、ロシェットはどうしたの?引退って聞かないけれど?とにかく、この2人のバトルが、申し訳ないけれど、低レベルの争いでしたね。ファヌフって、今、絶不調なんでしょうか?結構、迫力あってロシエットの後を継ぎそうだなぁとオリンピックの時に思ってたんですけど…ファヌフ、地毛か眉毛?書き過ぎでは?ラコステは、もうちょっと笑って欲しいわ…こぇーもん。

最後は村上さん。この人の長所と欠点は、テレビカメラを意識しなさ過ぎってことでしょうか?時々というか、よくオバはん臭い時があるんですけど…(^_^;) フリーの演技終わった時も、しんどいのはわかる。しかし、どうみても、真夏にバーゲン行って大量に買い込んで、炎天下の中を歩いて、やっと家の玄関先にたどり着きましたっていうような、づがれだぁ~じんどぉ~い観ですねヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆ 母親と「面白い子やで」と笑っちゃいました。あと、いちいち頷きが激し過ぎて、いつか鞭打ちになるんではないかと…あっ、反対に激しい頷きで首は鍛えられているのかも…?ほんま、面白いですわぁ~。世界選手権、頑張りなはれっ!
ウジのインタビューがウザい件。寄り目と離れ目、どっち?の件。
2012年02月11日 (土) | 編集 |
なんだか、今日も疲れています。今日は完全休養してたんですけど、久しぶりに肩がこってるし、お昼ご飯食べた後から夕方まで、欠伸連発。よっぽど、脳がやられてるんでしょぅか?
そんなお疲れモード全開の中で、浅田真央ちゃんと高橋大輔君には楽しませて頂きました。相変わらず、ネットで結果を知ってからの映像ですけど…しかもまたまたウジテレビかよと。ウジのインタビューが、どんどんウザさが加速していってるのは何故?何だか、最近、高橋君も鬱陶しそうな受け答えをしているような気が…します。インタビューって局アナがしてるんですよね。ほとんど、芸能レポーターくらいのド厚かましさというか、引っかかるには分りやす過ぎてシカトされるようなローテクの誘導尋問が失笑ものだし、っていうか、失笑も出来ないくらいに不快だわ。
精一杯演技して、しんどいっちゅうねん!阿呆なインタビューなんか受けてられへんっ!っちゅうねんっ!
と、2人の演技には満足してますが、ただただウジの下司さ加減が、今に始まった事ではないですけど、ムカつきました。

そうそう、今日、どうして実力のあるパトリック・チャンがあまり好きでないのか分りました。寄り目だからですわ。なんか、角度によっては、ちょっとヤバい感じに見える…変質者ぽいっていうか…ファンの方、すいませんm(_ _)m 寄り目か離れ目のどっちがスキって言えば、女子は離れ目の方が可愛い気がする。男子はどうかなぁ…ウェンツとかも苦手だし…ただ、音尾琢磨さんと比較してどうなのかと…(^_^;) ……やっぱ、男子も離れ目の方が好きかなぁ…
勤務2日目で、激しく疲れている理由…
2012年02月10日 (金) | 編集 |
ずっとプー太郎だったので、たった2日、仕事に行っただけで疲れました…いや、体が鈍ってたからではないな…なんつーか、本当に何度体験したかわからないんですけど、知識と経験不足の社員の後始末っていうのが、本当に疲れるんです。しかも、今日は午後3時までに数字を合わせないといけないという状況で、私に振られたのが午後1時。しかもいつから合わなくなっているのかもわからない状況…もっっっと早くヘルプって言えよっ!まあ、案外早くわかったからよかったんですけどね。
しかし、可哀想なんですよ、その社員さん。経理の知識も経験も無いのを承知で雇われたのに、引継時間はほんの少し、後は過去の帳票を参考にしてやってくれと言われたそうですわ。しかも、たった一人で全ての経理事務を任せられるんですよ!そんなもん、素人に出来るかっ!っちゅう話ですわ。誰かの下で補助として経理事務をするなら、未経験でもいいと思うんですけど、即戦力が必要なのに、どうして未経験の人を雇うのか?それは雇った側の非でしょ。なのに、その人、かなり責められているそうです。まだお若いんでなす術も無く、家に帰って泣いてるそうですが、もし私なら…このオバはんの私なら、非難されようものなら逆切れ大爆発ですね。なんやとこらぁ(ノ`△´)ですわ。…というようなお話を銀行に行った時の待ち時間でお話しました。
その社員さんはあとしばらくで辞める、というか辞めさされるんですけど、適材適所、きっと他でぴったりの職業がありますわ。頑張って頂きたいものです。
第二次結婚願望期始まる…赤西とメイサのせいじゃありません!
2012年02月09日 (木) | 編集 |
まず、太平シローさん、まだお若いのに…お悔やみを申し上げます。サプローシローの漫才、好きだったような記憶が…もう思い出せないくらいに昔なんですよね。随分若いうちにコンビ別れしたんですねぇ。シローさん、一時期情緒不安定とかになってたような気も…何にしても早過ぎる…残念です。

さて、今日から短期のお仕事に行くことになりました。それで、今朝、おは朝をチラ見してましたら、なんと赤西仁と黒木メイサが出来婚?!……これは、ジャニーズ事務所に血の雨が降るような出来事ではっ?!まあ、私、赤西君には興味無いし、黒木メイサの顔も恐いと思っているので、私の中では、どうでもいい者同士でお似合い~という、かなりの人ごとモードです。芸能人だからって、結婚に制限がある訳ではないですけど、それでもねぇ……まあ、ガキどもっ!!と言わせてもらいましょう。

もう1つ、相棒の伊丹こと川原和久さんが松本紀保さんと結婚前提真剣交際ですって(^o^) 川原さんのこと、Wikipediaで調べてみたら、松潤が主演の舞台「エデンの東」に出てたそうで……全く記憶に無いですm(_ _)m
とにかく、こちらのカップルは熟年カップルなので、しかもアイドル枠でも何でもないので、ご自由に交際、結婚しても、どなたからも文句は出ませんね。

というか、私、第二次結婚願望が湧いてきました。この歳になって、今までに2回しか結婚願望無かったのかよと…(^_^;) 別に王子様を待ってるような勘違いもしてないんですけどね…周囲を見ると、結婚願望も無くなる……?
とにかく、昨日「しあわせのパン」を見て、はぁ~水縞君(大泉洋さんの役)みたいな人が結婚申し込んでくれないかなぁ…と。で、今日は、紀保さんの熟年カップル発覚で、いいなぁ~と。まあ、伊丹よりは亀山薫の寺脇さんの方がいいですけど…結局、選り好みをしてますけどね…

全然、話し変わりますけど、寺脇康文さんて、静養していた三宅裕司さんの代わりに、「カラダの気持ち」の司会とかしてましたよね。結構、楽しみだったのに、今年になって三宅さんが復帰。三宅さんには申し訳ないけれど、とっても残念です…寺脇さんの声が好きなので(*^・^*)
映画「しあわせのパン」
2012年02月08日 (水) | 編集 |
今日、大泉洋さんと原田知世さん主演の映画「しあわせのパン」を見てきました。
何か知らんけど泣きましたわ…号泣はしないんですけど、ハラハラとね、頬を伝いました。大人の童話という感じでしょうかねぇ。非日常的な美し過ぎる景色に、どことなく不思議ちゃんばかりの登場人物。こんな世界は無いわぁ…と思いつつ、こんな生活してみたいなぁと思いました。
舞台は洞爺湖を見下ろせる月浦という所なんですけど、昔、旅行で洞爺湖を訪れたんですけど、スッカーと晴れた日に、洞爺湖を見渡すと、これこそ神様が作ったんではないのかっ?!というくらいに綺麗だったですわ…もう一回見たいなぁ~とスクリーンを見て、旅行の風景を思い出しました。映画で見た風景よりも、私がこの目で見た映像の方が、ずっと綺麗なんで…やっぱ、実物に勝る物無しですかね。ほんと、北海道って、どうすっ転んでも、絵になる土地ですね。
そんな絵になる土地に絵になる男なんですよね、洋さん。やっぱ、地元ですもんね。この人も黙ってりゃ、背も高くて二枚目もOKなルックスなんで、今日みたいな役柄だと胸キュンですね。
原田知世さんも相変わらず、少女みたいな硬質な雰囲気で美しいし。一時期、さすがに歳取ったなぁと思ったこともあったんですけど、この映画の中では、洋さんよりも6歳も歳上には見えなかったですわ。
私、久しぶりに中村嘉葎雄さんを見たんですけど、やっぱり上手かったわぁ。渡辺美佐子さんとの老夫婦の話の時に、一番泣きました。どんなに年を取っていっても、まだ進化する、というか変われる自分がいる…素敵なお話だったと思います。なんだか、私も毎日変わってやるぞっ!と思い、うちの母にもまだまだ面白いことをいっぱい体験して欲しい、させてあげたいっ!と思いました。
なんだか、この映画見て、背負ってた汚い物、洗って下ろして浄化したって気分になりました。これはやはり、原田さんの透明感と、洋さんの風のような自然さ、そして洞爺湖の美しさ、あとは出てくる焼きたてのパンと料理の映像によるものですかねぇ。こういう映画を見たいな…これはDVDが出たら買おうっ!そして、自分の心が汚れてきた時に見て浄化しようっ!……そうすると毎日見ないといけないか…(^_^;)
相棒、及川光博さん御卒業!
2012年02月07日 (火) | 編集 |
相棒、やっぱりミッチーは卒業ですか…しかし、寺脇さんから変わって、もう3年も経ってたなんてっ!……歳取りますわぁ…
で、次は誰なのかと?ミッチーも最初、えええぇっ?!とびっくりするキャスティングでしたけれども、次第に馴染んできたので、まあ3年やれば誰がきても馴染むんでしょぅな…寺脇さんの降板は、当時残念だったけど、その後、「ひまわり」とかで、素敵なお父さん役もあったし、亀山薫とは別の性格の刑事役もあったし…役者本人としては、同じ役をずぅっとするよりも将来的にいいですよね。色んな役をやっても、いつまでも亀山の記憶もファンには残るし…ミッチーも良かったんじゃないですか?
で、話戻しまして、次は誰なのか…願わくば、上川隆也さんと香川照之さんは止めて欲しい…まあ、ギャラ的にないですか…もうどのドラマを見てもこの2人が出てくるのって勘弁して欲しい。百歩譲って、上川さんは男前だからいいけど……香川…ね?私的には、成宮寛貴君。大泉洋さん。あるいは加齢臭コンビで中村梅雀さんとか…相棒VS信濃のコロンボみたいな…絶対に無いですね(^_^;)
タモリの放送事故?…不機嫌というよりは呆れ果てたって感じ?
2012年02月06日 (月) | 編集 |
主演映画公開が近いせいか、最近、テレビでの成宮寛貴君の露出が増えています。「逆転裁判」は見に行きたい!という気にはあまりなれない映画ですけど(^_^;)、成宮君のテレビ露出は大歓迎ですね。
同じように、L'Arc~en~Cielの特集番組も多い。20周年記念だからなんですけど…この人達の現在のビジュアルで20年もやってるって思えないですよね。皆、今でも若々しいもん。でも、貫禄は確実に20年分蓄積されていて、若々しさと貫禄、不思議なミスマッチ感が素敵です。
成宮君とL'Arc~en~Cielとで、テレビ録画が大忙しですよ…と言っても、人名検索で勝手に録画してくれているんですけどね。ほんと、助かる機能ですわ。これでキッチリCMを除いて録画してくれたらなぁ…CMをキッチリ省いて録画してくれる機械を開発した人が、前に関西ローカルのテレビに出てたんですけど、その機械、ものすごぉーーーく高かったです…

さて、ここ数日、「笑っていいとも」の放送事故という見出しで、同番組でのタモリさんの不機嫌ぶりが話題になっております。オープニングでの出来事で、なぜかオカマさんが得意料理を作るってコーナだそうです。何年も全然見てなかったんですけど、相変わらず奇怪なことしてるんですねぇ。
先ほどその動画を見たんですけど、不機嫌というよりは「呆れ果てた」風に見えたんですけど…要するに、タモリさんの味覚の美的感覚に合わない料理というか、しかも雑な作りっぷりだったので、「駄ぁ目だ、こりゃ!」って感じでは…まあ、私もあの太巻きは、絶対に食べたく無いですね。正統派太巻きというか、海苔巻きへの冒涜というか…せめて酢飯にせぇやと。肉と焼き肉のタレとサンチュまでは許したらぁ。でもキムチはありえんっ!キムチはキムチだけで食べないと、全ての味をぶっ壊すわ。お好み焼きの中に少量忍ばせる程度なら……あとは……?すんません、全然思いつきません…あっ、豚キムチ…も99%キムチですもんね。
敢えて、私がこのレシピを作らないといけないとするならば…例えば、親兄弟が人質にとられていて、この韓国風太巻きを作らないと、命はないぞと脅かされているような場合に限りますけど…
肉は焼き肉のタレでレンジ。ご飯はあくまで酢飯。肉以外の具はサンチュとキュウリのみ。あるいは巻寿司らしく三葉。これならタモリさんも我慢出来る……ことはないね。きっと。
しかし、マジに馬鹿馬鹿しいというか、わざとらしくて、幼稚で、節操が無くて、しかも蚤かダニくらいに矮小な要素からも韓流ゴリ押しを今でも続けているんですね、ウジテレビ。その情熱を他の健全なことに向ければ、韓流ゴリ押しという非行から抜け出せると思いますよ。
WOWOWドラマ「贖罪」は日曜日の夜に見たく無いっ!
2012年02月05日 (日) | 編集 |
今日、WOWOWのドラマ、湊かなえ原作の「贖罪」が終わりました。
どういう謎があったのか最終回まで引っぱりましたけど、何となく予想していた通りでした。
しかし、「告白」にしろ、お約束通りの後味の悪い結末でしたわ。これ、明日から月曜日、明日も頑張るぞっ!っていう日に見るドラマじゃないですね。終わった~っ!っていう楽しい金曜日の夜にも見たく無い…土曜日の昼くらいに放送した方が、精神衛生にいい気がします。
で、結局、登場人物の中で勝ち組になったのって、池脇千鶴演ずる由佳なんですよね。これは許されていいのか?登場人物の中で、一人だけ過去の同級生殺人のトラウマを引きずってないじゃん。むしろ自分の姉へのコンプレックスの方が人格形成に影響してるじゃん。コイツはちゃんと罪を償うべきでは?お前が贖罪しろと…と、普通の道徳観念を持っている私は思う訳です。
道徳と言えば、今日の「そこまで言って委員会」で知ったんですけど、道徳の教科書を一度も開かないで終わる学校もあるという生徒からの投書…なるほどね、こういう世の中だから由佳みたいなのもアリなんですね。というか、湊かなえ氏の小説、例えば「告白」を道徳の教科書にすれば?因果応報というのを、骨の髄までわからせるには最強の教科書だと思うな……青少年の虐待になりますかね?
では、大人の恐い童話として、罪であろうが、功であろうが、どちらの報いも必ず返ってくるということを肝に銘じておく為に読みましょうか?功を多くして罪を少なくする…立派な道徳ですね。
私個人は、ハッキリ言って、こういう陰湿な小説って大嫌いですけどね。
由紀夫→友紀夫…ルーピーの考えそうなことだぜっ!
2012年02月04日 (土) | 編集 |
今日は久しぶりのおデートでした。お酒も飲んでるので、寝ます。

が、その前に…鳩山由紀夫が、政治活動名を「鳩山友紀夫」に変更するとか…自らの政治信条である「友愛」の一字を取ったそうです…って、
アンタ、まだ政治活動するんかいっ?!
ルーピーの考えそうなことだぜっ!
由紀夫だろうが友紀夫だろうが、お前はすでに死んでいる…byケンシロウ
愚息の「君はペット」…成宮君の「逆転裁判」……
2012年02月03日 (金) | 編集 |
愚息の映画、「君はペット」の入りが悪いそうですね。私は松潤と小雪のドラマを全部見てたので…連ドラ嫌いの私が珍しいことですが…地の松潤と全然違う?無邪気で可愛い美青年役に、かわゆい~と母性本能をくすぐられ、エリートで美人だけど不器用な役の小雪さんのファッションを見て、へぇ、コーチのバッグも小雪が持つとカッコいい…(^_^;)とか、本筋とは違う色んな要素でもハマりました。
そんな私が、愚息のリメイクを快く思わないのは当たり前(ノ`△´) なんですけど、コイツの売ってるキャラからすると、このストーリーはアリかも?とも正直思ってました。でも、蓋を開けてみりゃあ惨敗と…愚息ファンはどぉーした?こういう時の女子ファンのパワーは凄いはずだけどな?公開2週目にして、口コミでそのマズさが広まったのか?思うんですけど、愚息よりも相手役の女優がイマイチ過ぎるのが問題では?なんか、才色兼備って感じのしないフツーの女優ですよね。もっと引くくらいの超~一流っぽいオーラのある人でないと、全然面白く無いと思いますわ。
さて、愚息の映画の不人気を喜んでいる場合ではありません。
成宮寛貴君の「逆転裁判」も公開近し、です。ちょっと映像見ただけなんですけど、これは…(^_^;)(^_^;)(^_^;)
すみません、如何に成宮ファンと言えど、これは見に行きたく無いな。ゲームをある意味忠実に再現してるのかもしれないけれど、ちょっと…というか思いっきりいちびり過ぎかと…すんません、私、これは見に行かないわ。1000円でも嫌やね。何でもかんでも映画化したらエエっちゅうもんでもないでしょ。「逆転裁判」をリアルな裁判劇に脚色した映画なら、見に行こうかなとも思いますけど…まあ、口コミ見てからにしますかね…
今のところ、大泉洋さんの「しあわせのパン」くらいですかね、見に行きたいの。あとは、イーストウッド&ディカプリオの「J・エドガー」かな…
そうそう、今日WOWOWで荻上直子監督の「トイレット」を見たんですけど、面白かったです。もたいまさこさんが最高ですっ!日本のシャワートイレに乾杯っ!ですね。こういう映画に成宮君、出て欲しいな…あっ、愚息はいらんよっ!
「THE HYDE」を読みながら一考…
2012年02月02日 (木) | 編集 |
hyde様の「THE HYDE」という本。「これまで公式には語られることがなく、ベールに包まれていた謎の数々を、初めて自ら告白するオフィシャル書籍」…ってことです。
まだ途中までしか読んでませんけど、今のところ、謎に包まれていた…というほどのことも書かれてないような気がします。まあ、昔からのファンだったら、ある程度口コミで知ってることが書かれてありますね。
でも、L'Arc~en~Ciel結成までの経緯は面白かった。私はsakura事件の自粛明けからのファンだったので、それ以前の時代を知らなかったので。あとは、hydeさんがマジでラルクを辞めようと思ってたことがリアルに書かれていて、あの頃はそうだったのかと…何となくメンバーの雰囲気は悪いんだろうなと、最初の活動休止期間中には推測してはおりましたが…ぶっちゃけ、L'Arc~en~Cielが解散しても、hyde様ほか、皆様ソロ活動するんなら、それもいいかとも思いもしましたが、いや、それで納得しようとしてたんですけど…やっぱりkenちゃん、テッちゃん、ユッキーの、個性と、それぞれの違う音楽性のメルティング・ポット的なバンド、リリースする度に雰囲気が違う曲を発信する正に七色のバンド、L'Arc~en~Cielが無くなるのは、やっぱり絶対に超~嫌だっ!とファンとしても葛藤してましたわ…と、色々思い出しーのして、楽しく読んでます。
k-popというか、韓流批判のことにも触れていて、彼らの実力は本物で、ブームは来るべくして来たものだと書かれてました。まあ、私もボアちゃんが出てきた頃には、スカパーとかで、韓流アーティストを見て、歌うまいし、ダンスも上手いなぁって思ってたんですけど…私のカリスマ、hyde様に申し上げるのもなんですけど、あの人達、大量生産された既製品のように、うんざりするくらいワンパターンな音楽性のように思いますの。日本の音楽界のような、何でもアリの多様性は無いと思います。
あと、嫌悪感は両国の歴史認識…日本側の過去の清算に起因するように書かれてますけど、お互いに自分の国に都合のいいように解釈したいもんですわ。それが誇り、プライド、明らかな事実誤認によるものなら、まだいいんですけど…そうカモフラージュしての、恫喝、ゆすりタカリも絶対にある。日本が、殆どビョーキのような自虐感に囚われるこたぁ無いっ!と思いますし、最近では韓国様の方が経済的にもブイブイ言わせてるにも関わらず、未だに何故か劣等感つーか、すでに勝ち組でありながら負の意識を持って、子供の頃から反日を洗脳するというような国は異常でしょ?日本の過度の自虐もビョーキなら、韓国の過度の劣等感&反日もビョーキ。そういうのを取っ払っての、クールに事実確認し合う歴史観の構築があれば、嫌韓も反日もなくなるであろうと私は思います…な~んてことを、深読みしつつ、読んでました。
ただ、そういう夢のような非現実的な相互理解が未来になされたとしても、k-popは御免被りたいですな。絶対に日本の音楽の方が、「雑多で面白い」と思います。最近では由紀さおりさんですかねぇ。そして永遠にL'Arc~en~Cielでしょ!
ということで、後半も読み進めて行きたいと思います。
たかじん、復帰するまで細々とやれば?
2012年02月01日 (水) | 編集 |
やしきたかじんが美容機の為に休養…突然でびっくりですわ。ご本人は引退なんて考えてないみたいですから、それぞれの番組も続行ですかねぇ…島田紳介の代わりはいくらでもいましたけれど、たかじんの代わりねぇ…いないねぇ。保身せずに何でもぶちかましちゃうタレント…「そこまで言って委員会」は辛坊が一人でしばらくやればいいじゃん。最近、この番組、手ぬるくなってる気がするけどね…「胸いっぱい」とかは一旦終了して、装いも新たに新しい番組でたかじんを復活させりゃあいいのでは?「たかじんnoマネー」は始まって間がないからどうする?毎週、橋下市長と松井知事が代わりばんこに出すとか…大阪の改革やってる時間、無くなるわっ!とツッコミ入れられそうですけど…まあ、ダマしダマし細々と復帰するまで続けてたら?って感じですかね。きっと手緩くなるだろうから、あんまり見る気はしないですけどね(^_^;)