関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
興福寺南円堂から帰って来たら、竜っくんが結婚ですって!
2013年05月31日 (金) | 編集 |
今日、興福寺南円堂の特別公開に行ってきました。創建1200年ということで、秘佛・不空羂索観音像(国­宝)を公開され、同時に運慶晩年の作を安置する北円堂も同時公開されてます。6月2日迄で、終了間際に行ってきました。
いつもは興福寺に行っても、南円堂は公開されていないので、横目に素通りなんですけれど、今回、こんな渋い仏像が安置されていたのを知り、特別公開っていうのも、ノッて行ってみるもんだなぁと思いました。
北円堂の四天王さんも、力強く迫力はあるんですが、腰のラインが優美でイケてるんですよねぇ…って、どんな鑑賞の仕方やねんと(^_^;) 拝観料は割高でしたけれど…まあ、秘仏ですし見て良かったなと。
そして、またまた元気な中国人が、鹿に鹿煎餅をあげて、つきまとわれて、喜んどりましたわ。
家族連れのお父さんは、ドデカイ一眼レフで何を撮ってるのかと思いきや、鹿でも寺でもなく、そこら辺にいる鳩でした…えっ、鳩って珍しいの?中国にはいないの?みんな喰っちまったの?!…とまで妄想が働いてしまいました(^_^;)
カップルは、煎餅が無くなっても、女子が手に持ってた袋の中の食べ物目当てに、しつこく後をつけられてました。男子の方が、なんと手で鹿の胴体を持って離れさせようとしてました。アンタ、すっげぇなぁ〜と見ておりましたら、鹿はシカトしてズンズン女子の後についていく。男子、手で駄目だったので、鹿の胸ぐら自分の足で押さえると…アンタ、すっげぇなぁ〜と思いつつ、いや、その鹿、天然記念物なんで、足はマズいんじゃないかと(^_^;) つーか、女子、食べ物の袋をバッグの中にしまえっ!
私も奈良公園で鹿にヤカラレたことがあるんですけれど、鹿は嗅覚ではなく、視覚で食べ物と認識している気がします。だって、バッグの中のおにぎり目当てでたかられたこと無いけれど、外に出して食べ始めたらやって来る。しかも「人間が何かを食べている」のを遥か遠くから見つけて、早足でやって来よるんですわ。
で、私、日中友好の為に、その女子にその袋をバッグの中にしまえと…言いませんでした。だって、神のお使いの鹿さんに、足で胸ぐらを押さえるなんて、そんな奴らを助けたら、こっちにも天罰が当たっちゃかないませんからねぇ…端的に言うとね、イケズってことなんですけどね( ̄∇ ̄)

で、帰ってきてYahoo!を見ましたら、藤原竜也君が結婚?!良かったねぇ〜!\(^o^)/ もう30歳越えてるんだもんね。しかし、世間の竜っくんファンのオバ様達の心中や如何に?私はと言えば、全然平気ですね。昔なら嫌だったかも…でも、hyde様の時は……凸(`Д´メ)
hyde様が私の一番嫌いなタイプの女と結婚してしまった時の腹立と言えば、怒髪天を衝く、でした(ノ`△´)
まあ、今はそれもどうでもいい感じ。だって、hyde様に家庭臭が無いので、妻の存在なんて無いも同然な感じですね。hyde様も竜っくんもステージの上では私の恋人だもぉ〜ん!
こういうオバはん、一番イタイですかねぇ…(^_^;)
公明党ってぶれてない…「大人の対応」by松井府知事
2013年05月30日 (木) | 編集 |
橋下市長に対する問責決議案が、公明党が反対に回る方針を固め否決される見通し??
松井府知事が「民意をしっかり問う」と夏の参院選と同時に出直し市長選に打って出る方針をちらつかせて、選挙を避けたい公明党が腰砕け。
なんつーか、勝負師・松井っ!って感じですねぇ。まあ、松井さんが単独で考えた訳ではないかもしれませんが…テレビで淡々と喋っている様が勝負師っぽく、公明党さんには恫喝、脅迫に見えたんでしょうか?
公明党ってぶれないっすよねぇ。いや、何が何でも与党でいたいっていう…( ̄∇ ̄) ある意味、素敵です。
松井さん「公明党は大人の対応」だって〜ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡 公明党以外に強烈な嫌味、流石っすね。
だいたいね、従軍慰安婦をめぐる一連の発言が「市政を混乱させた」って言ってますけど、どう「市政」が混乱したんでしょうか?市役所業務に支障でも?地下鉄止まりましたっけ?市民の生活が急変しましたか?ちょろっと大阪市役所の前でデモされただけですやん。もっと具体的に言わないと。市政なんて言うから嘘くさい。「橋下、お前のそういうところが嫌いやっ!」という個人攻撃でお願いしたいですな。
ただ、私的には出直し選挙で再選した方が…いや、より一層橋下が疾走…暴走するかも?それも楽しいかも?
しかし橋下以前の府知事、市長達…良くも悪くも、よぉ何もせんで、何の話題も提供せず、何の問題も提起せず、給料を貰ってたなと…給料泥棒の最たる首領ですな。

さて、矢口さん、大変ですなぁ〜( ̄∇ ̄) しかし、芸の為ならに女房も泣かす〜って唄もあるんだから、その反対もあっていいのでは?男女差別だっ!……はい、橋下並の妄言でしたm(_ _)m
でも、色んな細かい情報が出てるのは、何でなんですかね。そんな密室のことを。これは旦那側がリークしてるの?なんかえげつない感じですね。もう矢口を這い上がらせないようにする!という感じなんでしょうか?
私が矢口の事務所の人間だったら、矢口をセックス依存症でしたって発表し、実際、治療を受けさせる。いや、受けさせている振りをする。で、「病気」とは言え中村さんを傷つけてしまいました。申し訳ありません。そして、これから頑張りまぁっすぅ〜!で、一件落着店……どうですか、この案?…はい、却下、すんませんm(_ _)m
イベントで全裸?…江頭2:50のデフォでしょ…(^_^;)
2013年05月29日 (水) | 編集 |
江頭が、DVDの発売記念イベントで壇上でトークをした後、下着1枚になり、司会者の女性が止めるなか、下半身を露出して約300人の観客のなかに飛び込んだ……(^_^;) 警視庁はこの行為が公然わいせつ罪にあたる可能性もあるとして、後日仕事終わりの江頭から事情聴取&警告したと…江頭は反省した様子だったとか。警視庁は今後、立件の可否を判断する方針だとか…
警察も、「えっ、江頭?全裸?!…まあ、デフォか…」とスルーしてもいいんじゃないかと…いや、実際スルーしたかったのでは?でも、法治国家である以上、知ってしまったら目をつむることは出来ないんでしょうねぇ。法は万人に平等でなければなりませんもんねぇ。でも、事情聴取って、ちょっと楽しいかも〜とか刑事さんも思ってたりして…全裸に至る経緯を釈明とか、面白過ぎますヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆
昔の会社の女性の同僚で江頭好きな方がいて、大川興業のLIVEを観に行かれたそうです。冷静を装ってみていたが、心の中は阿鼻叫喚と爆笑だったとか…(^_^;)(^_^;)(^_^;) まあ、劇場という密室なら有りなんですけどね。公開イベントでは如何なものかと…女性司会者、仕事を受けた時から、一応覚悟は決めていたと思うんですけど…御愁傷様でした。
立憲しないように、警察の皆様、大目に見てやって下さい。一応、これも芸風のうちなんでね…( ̄∇ ̄)
今日の格言「キケン、人生に迷っても山道に迷うな!」
2013年05月28日 (火) | 編集 |
滋賀県高島市の赤坂山の小学生2人、無事で何よりでした。
しかし、だぁ〜れも気づかなかったんでしょうか?先生とガイドは別にしても一緒に歩いていた生徒同士でも気づかなかったのか?80人くらいで登山してたとか?最後尾には教員がいてるだろうしねぇ…脇道に逸れたのは知ってたけれど、すぐ合流出来るだろって算段だったんでしょうか?
この2人のせいで、体験学習が全てぱぁ〜になってしまったそうで…他の生徒さん、可哀想ですね。ったく、無事で良かったとは思うけれど、人騒がせにもほどがあるぞ、こわっぱどもめっ!
男女2人って聞いた時は、もしかして心中?なんて思ったりもしました。だって、小学生といっても6年生ですからね。早熟なら、好き同士で、何かしら世の中をはかなんで…なんてことになったら?!……と心配しておりましたら、元気で発見されて、一安心にもほどがあるっ!

男の子は「脇道の方が正しい道と思った」そうで、途中で迷ったことに気づいたが、「川の流れに沿えば琵琶湖に出られる」と提案するも、結果、大きな滝まで迷い込んで立ち往生したとのこと。
川を下って琵琶湖って、非常に正しいですけれども、遠大な計画を立ててしまいましたねぇ。そこがまだ小学生なんでしょぅか。もぉ、本当に良かったですわ。しかし、しっかりとシメとかないとね。つーか、ヤキも入れとかないと、多大な迷惑をかけた訳ですからね。
今日の格言、「キケン、人生に迷っても、山道に迷うな」
PTAPAデビュー!ピッ!の快感が〜(^_^)
2013年05月27日 (月) | 編集 |
デパート系のクレジットカードを作ったんですが、PITAPA機能もついているカードにしました。で、先週末に届いて、早くピッ!ってしたいなぁ〜待ち遠しかったんですが、日曜日、無事にピッとして電車に乗れました。
めっさ楽ですやん。これ、お年寄りに最適ではないでしょうか?券売機の前で、路線図を見ながら料金を確かめているお年寄りをよく見かけますが、これなら何も考えずに乗れますやん。
勤めていた時は、PITAPAにするメリットが無かったんですよね。調べに調べても、その当時は普通の定期券を買った方が得だと結論。今はどうなのかなぁ?変わってないような気がするんですよね。
最近、JR大阪によく行くんですが、改札のほとんどがICOCA専用なんですよね。で、乗客もICOCA率が非常に高い。ICOCAは、PITAPAに比べて割引率が高いのか?と思い調べてみましたら、なんと割引無しだとか?!まあ定期券ICOCAはあるみたいですけれど、普通のICOCAには、利用学割引も利用回数割引も無い…切符を買わずに済むってだけがメリットらしいっす。何という殿様商売なんざんしょ!
しかし、あのピッ!の楽さを体験してしまうと、割引なんて無くったっていいやって思ってしまいます。
ちなみに、PITAPAでもJR線を利用出来るので嬉しい。が、JR線分は先払いでプリペイドでチャージしておかないといけないという…便利だが面倒臭い。それでも、それでも、あのピッ!の快感を思い出すと、まあいいかと。人間、1度便利さを知ってしまうと、元には戻れないですよね…
矢口……やるな……
2013年05月26日 (日) | 編集 |
矢口真里……世間一般のバッシングも十分に理解し、私も確実に「阿呆や、この女」と思っています。思っているのは紛れも無い事実なんですが、一方で「矢口、顔に似合わず、やるじゃん…」と思っている自分もおります(^_^;)
帰宅したらベッドに伴侶と知らない奴がっ!っていうのは、奥さんの立場でよく聞く話ですよね。帰ったら旦那が知らない女とベッドで…いや、知らない男とベッドもありなんですけど…(^_^;)(^_^;)
それが逆転って、もはや私的には「火曜サスペンス劇場」の香りがしております。財産家の妻が格差婚の夫を蔑ろ、堂々と自宅で不倫…矢口さん、今後のサスペンスな展開、期待しております( ̄∇ ̄)
サンジャポで西川史子先生が、またバッサリと切ってたらしいですが、ミッツさんのコメントになるほどぉ〜と。
「矢口さんは多分『ここが私の家だ、私が主だ』っていう男性的な意識があったのでは」 …これは、なるほど、格差婚ってこんな感じなのかも?と納得してしまいました。これはオネェならではの鋭さかもしれませんね。
相手の方、中村昌也さん?見返してブレイクしてやればいいんでは?…と言いつつ、この手の中途半端な俳優さんはブレイクは難しいだろうなと…でも男優は歳を重ねるほど渋くなって行くもんなんで、地道に頑張ってくんなまし…と、全く好みで無い男性なんで、すごーく、口先だけの応援ですけどね(^_^;) すんませんm(_ _)m
頭痛の為、失礼させて頂きますm(_ _)m
2013年05月25日 (土) | 編集 |
何だか夕飯後、頭が痛くなってきて、現在に至る、です。今日はこれにてドロンさせて頂きます…m(_ _)m
元ラガーマンなら、最後まで疾走しろっ!
2013年05月24日 (金) | 編集 |
慰安婦の皆さん、わざわざ大阪くんだりまで来て、楽しみにしていた橋下との会談、ドタキャンされたとか…政治に利用されるのが嫌とか………ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆ 政治に利用っていうか、慰謝料の為に、金の為にそちら樣方が利用してやろとうと思っていたのでは?土壇場になって、自分たちの主張に「事実が伴ってないから不利」と見て、逃げたんでは?言い過ぎでしょうか?でもねぇ…( ̄∇ ̄)

維新が崩壊寸前、支持率下落みたいな空気が満々で、珍獣めがねアジェンダとか、ルーピー残党とかがお喜びって話聞きますけれど、蓋を開けてみれば、維新が躍進!という展開も無きにしも非ず…ってことは無いですかねぇ。
橋下、阿呆な事言いよったなぁ〜というのは、「政治的」「選挙運動的」な話しで、保守系の方々の心の中は、「正しくても」言葉にするのは阿呆やでぇ〜が本心ではないかと…
女性票が逃げて行くと心配されておりますが、うちの母は「橋下の言う事、正しいやん」と言ってしまっており(^_^;)、私もねぇ、メディアが過剰に一方的に橋下叩きなのが、法則から言うと、橋下が正しいからなんだろうなと…
もう維新もアカンやろと思ってたんですけれど、まあ石原とくっついた時からアカンとは思ってましたけれど、段々可哀想になってきました。
橋下、ラガーマンらしく、最後まで疾走しろっ!と、敢えてエールを送ってみようかと…まあ、この日記の中でだけですけれどね…
国会にまで…(^_^;)
2013年05月23日 (木) | 編集 |
乙武さんのゴネツイッター、とうとう国会にまで持ち出されましたけれど、国会で答弁しないといけないようなネタではないと思いますけれど?ちょっと有名な一個人が、自分の思い通りにならなかったことを、差別にすり替えてゴネてるだけですやん。単純に言うと今回の乙武事件は、「精神年齢がガキのオッサンが、イタリア料理を食べ損ねたの巻」…そんな事より、もっと大事なことに国会は時間を使うべき。質問した奴、ド阿呆か、ド阿呆ゆえに質問するネタを思いつかなかったのか、あるいは、参院選に向けて、取り敢えず全部自民党のせいにしとこぉっと…みたいな感じではないんでしょうか?
兄に「乙武さん、ネットで話題沸騰やな」と振りましたら、「また、あの人のいつもの調子で、上から目線で店を批判したんやろ…」と、返されました。私、乙武さんにあまり興味無かったんで、この人の性格を知る事も今までなかったんですが、兄の「いつもの上から目線」という言葉に、かなり驚きました。そぉかぁ〜、そういう人なのかぁ〜と。ということは、このゴネ・ツイッターは障害者としての苦言ではなくて、有名人のメンツを保ちたかったから…は言い過ぎかな?
重度の障害がありながら、めげる事無く頑張ってきたエラい人と、単純に尊敬してたんですけれど、今回の一件で性格は悪かったんだなと…だって、兄だって別に乙武ウオッチャーでもなんでもないのに、スラスラっと「いつもの上から目線」と口について出てくるんだもん。テレビで何回か、この人の発言や態度を見聞きしてれば、感じることなんでしょうね。兄は私と違って人間が出来ているので、人の悪口とか言った事無いのですが、不特定多数の人と話しをするような職業に就いているので、早いうちに見抜けたのかもしれません。私も人を見る目、多少あると自負しておりましたが…まあ、乙武さんのことをテレビで見る機会が少なかったからかもしれませんが…不覚。

今回の事で車椅子を利用されている方達が、色んな意味で、肩身の狭い思いをしなければいいんですが…
映画「探偵はBARにいる」
2013年05月22日 (水) | 編集 |
今日、映画「探偵はBARにいる2」を見てきました。
1作目を見た時にも思ったんですけれど、「ススキノってどんだけヤバいとこやねんっ!」と…(^_^;)
私も大概ヤバい大阪に住んでおりますけれどもね。この映画に描かれているススキノはデフォルメされているのか、いないのか?気になりますわぁ〜。
突然ですが、出演者の中で一番気に入ったのが、喫茶店の看板娘?の峰子さん。「あまちゃん」にも出ている安藤玉枝さんの、露出過多が楽しいです(^_^;) あまちゃんとのギャップが激し過ぎで、素敵です…

さて、1作目よりも松田龍平君との絡みが多く…1作目は松田龍平さんのシーンが思ったより少なくて、贅沢な使い方だなぁと思っていたのですが、今回はじゃんじゃん出てて、大泉洋さんとの相棒ぶりも、すでに10作目?みたいに馴染んでいました。
尾野真千子さんは、可愛いけれど下品な関西人で…このキャラ設定必要なのか?しかし、ドレスを着てバイオリンを持つと、映画の台詞ではありませんが、10割増で美しいです。あのうどんのようなナポリタンの喰いっぷりも流石です…( ̄∇ ̄)
篠井英介さんも流石だなと。何だか越路吹雪さんみたいな感じもしましたね。ゴリさんもオチ系のニューハーフ、ハマってましたわ。

面白かったんですけれど、散々の暴力沙汰に見舞われて、最後の最後、犯人はオマエかよっ!という残念感は正直ありました。この残念感、CSIでもよくありますけれども…(^_^;)
こういう「探偵物」で、アクションとユーモアとっていうと、昔の作品、それこそ、龍平君のお父さんの松田優作さんや、水谷豊さんとかが出演してたもの、もう少し時代が後だと「あぶデカ」もだし…「探偵はBARにいる」は、少しだけ、若干、微妙〜にリアルかな…そして人情に訴えるストーリーになっているのが好きです。スピード感があるようで、まったりしてと、相反する感じが北海道ぉ〜な感じです。

もう一作くらい、続編を作って欲しいです。大泉ー松田のコンビは、もしかして最強かも…?っいうくらい、2人の空気感が良かったです。ストーリーどうこうよりも、この2人の空気感が、この映画の一番優れているところだと思いう次第です。

「藁の盾」が酷評?拍手喝采?
2013年05月21日 (火) | 編集 |
映画「藁の盾」がカンヌで酷評…いや、拍手喝采?どっちやねん?批評家に酷評されていることは確からしいので、主演の大沢たかおさんと松嶋菜々子さんへの拍手喝采ということでしょうか?写真みたら2人ともめっさ美・美・美でした。大沢さんも松嶋さんもスタイル抜群。松嶋さんのドレスも素敵。色が初夏ぁ〜って感じ。水色とエメラルドグリーンを足して2で割ったような地中海っぽい色。美しさ倍増ですね。

さて、批評家たちは「犯人を護送する新幹線内でSPが正義と職務との板挟みになった苦悩を長々と語る場面は本筋から逸脱している」と指摘…まあ、「日本人的」な正義って何?という昔ながらの場面ではありましたな。私的には「長々と」とは思いませんでしたけどね。
先日の日記の最後に「ツッコミどころ有り」と書いたまま、ツッコミどころを書かずじまいでしたが…

まず、永山絢斗君の役が暑苦しい。「日本人的」な感覚から言うと、一番年下のくせに、てめぇのその口の聞き方と、太々しい態度は何やっ!……えっ、そこ?そこを突っ込むかと(^_^;) すんません、礼儀知らずの若者を見ると、例え映画の中でも無性に腹の立つオバちゃん世代なんですぅ〜。
そして、護送車が狙われて、トラックが突っ込んできて横転し炎上とかの、激しく御大層な状況が、「日本人的」には嘘臭いし、なんぼ懸賞金10億でも、そこまで根性入れて殺しに来る日本国民はおらんのちゃうかと…
最初の被害者の少女の父親と山中で会うのも、ちょっとあざとい気が…むしろ、女性タクシードライバーの余貴美子さんの現れるシーンの方が、あり得るかも?っ感じ。
そして一番ツッコミたいのが、先日も書きましたが、山崎努が演じる蜷川、そんなに金持ちやったら、オマエの部下だか舎弟どもに始末させた方が早いやんけっ!馬鹿じゃん?そしてラスト、あんだけ厳重に警備されてんのに、なんで蜷川、オマエは車で乗り付けられんねん?おかしいわ!……細かいですかねぇ、私(^_^;)
もしかして、原作がアカンのとちゃうか?!…きたぁーっ!原作バッシングっ!原作読んで無いのに申し訳無いんですけど…原作は、もうちょっと緻密なストーリー展開なんでしょうか?
原作を読んでもないのになんですが、ツッコミどころの多いストーリーだし、むしろ映画の方が、まだ面白いんではないかと…アクション映画にはなってたし…アクション映画ゆえに、ツッコミどころも大目に見られるし…
映画で一番残念だったのは、藤原竜也君の犯人役の異常性を、もっと描いて欲しかったな。殺されて当然の残忍な殺人者として、もっともっと竜っくんに演じてもらえば良かったのにと…それが一番残念ですわ、三池さん。

有名人がツイッターで名指し批判ってどうよ?
2013年05月20日 (月) | 編集 |
最近、テレビに出る有名人が、ツイッターやブログで、実名上げて批判したりするのって、どうかと思いますわ。
少し前に、ナイナイの岡村が、久米宏に挨拶したがシカトされたとか何とか…エエ歳したおっさんが、公に発表するようなネタですか?めっさ、キモイんですけど…
常識としての礼儀っていうのは、法律でも何でも無いですよね。シカトされたって、犯罪じゃないんですわ。つーか、そんなメソメソな話、居酒屋で身内に愚痴れよと。自己完結しろよと。
公にすることで不特定多数の人間に同情されたいってこと?病的な位の「真性」かまってちゃんなのかしら?
挨拶してもシカトなんてこと、人生のうちに何回かあると思いまっせ。めっさ腹立ったり、悲しかったりすることもありますけれど、こっちもシカトしたらぁっ!と思っては、自分が下がる。アンタが無視したって、私は常識ある社会人、今後も爽やかにご挨拶させて頂くわっ!それが、心の底からオマエを見下げる手段じゃっ!と、己を納得させて、友達と居酒屋でソイツの悪口言って終わりっ!が、正しい社会人だと私は思いまっせ。

最近は乙武洋匡さん。銀座で予約していたイタメシ屋に、車椅子だからと入店拒否されたそう。『車いすなら、事前に言っておくのが常識』 『ほかのお客様の迷惑になる』というのが店側の言い分。
雑居ビルの2階の12席という隠れ家的な小さなお店らしい。エレベーターは2階に止まらないため、階段を利用する必要があり、乙武さんは「下まで降りてきて抱えてほしい」と申し出たが、 店主は「それはホームページにも書いてある、忙しいから無理」と断られたという顛末を店の名前を出してツイート……これはどうなんですかねぇ…
多分、店主の物の言い方が悪かったんだとは思います。忙しい、面倒臭い、を全て言葉に滲ませてしまったんでしょうな。礼儀知らずだった訳っすな。商売人なら、サービスの何たるかを知れっ!とは思いますがね…でもねぇ…
乙武さん、予約時に車椅子って言わなかったのは、あり得んと思いまっせ。小さい店って知ってたんでしょ?急に来られても対応出来ないと思いまっせ。広い店ならともかくね。世の中全てがバリアフリーな状況になるのが理想ですけれど、取り敢えず現状は、そんな小さなお店なら、自分もそれ以外の人も楽しく美味しく過ごせるように、お店に申し入れないといけないのでは?差別とかじゃなくて、店が狭い、エレベーターが止まらん、従業員が少ないという「物理的に厳しい」というのは事実な訳だしね。
乙武さんは、予約時に車椅子と言ってなかったのはマズかったと、自分でも分かっているんなら、店名を出してまで批判する事は無いと思うわ。ただ、銀座のイタメシ屋で横柄な態度で入店を断られたって書けばいいんじゃないんでしょうか?有名人のツイートは、食べログとかの口コミとは全く違う次元だと思う。

有名人が人や店等を名指しで批判…公的なことならともかく、私的な事でですよ。なんか、バリバリ違和感を感じてしまうのは私だけっすか?

舞台「木の上の軍隊」
2013年05月19日 (日) | 編集 |
昨日、舞台「木の上の軍隊」を観てきました。
以前に、何かの番組で藤原竜也君が、この作品のポスター撮影をしていたのを見たのですが、その後井上氏が亡くなり、お蔵入りだったのを若手の蓬莱竜太という方が脚本、演出は栗山民也で、上演に至った作品です。最初の配役は、竜っくんと誰だったかなぁ?木場勝己さん?吉田鋼太郎さん?忘れましたけれど、今回は「相棒」でお馴染みの山西惇さんでした。そして片平なぎささん。片平さんは木の精&語りです。片平さん、初めて生で見ましたけれど、めっさ綺麗で可愛かったぁ〜(^_^) おめめがおっきいーっ!
舞台中央に配されたガジュマルの樹の上で、物語が進行します。ストーリーの重さはともかく、樹上の生活っていうのが、子供の頃に夢見た木の上の隠れ家、あるいは「ゲゲゲの鬼太郎」の家(^_^;)といった風に、ファンタジーな雰囲気を醸し出しいるように感じました。
若い兵隊の無邪気でありながら、すっと真実を付く鋭い言葉が、竜っくんの口から発せられるのが、なんて言うか心地よかったぁ〜。最後に上官を説得する台詞、上官よりも大人びて合理的で理知的で、達観というか、包容力さえある言葉は、竜っくんの声でしか表現出来ない気がします。本当に内から滲み出てるような台詞でした。
上官の山西さんは、上官でありながら、微妙な小者っぷりが、失礼ながら山西さんのキャラにピッタリでした。
ストーリーは凄く面白かったし、ありきたりな言い方だけれど、戦争の愚かさもちゃんと伝えてるし、それが教訓めいたものでも、自虐的な感じでも無く、ただ「純粋な悲しさ」で伝わってくるのが良い。上演時間が短いのも良かった。途中休憩とか入れられるような長い展開ではないので、舞台の一本の木に集中出来きました。
ただ、片平さんの木の精が、本当に必要だったのかという疑問が…2人だけでも成立するんじゃないのかなと。片平さんの語りがあるから、とてもよくわかる舞台になってるんですが、そこまで喋らんでもエエんちゃうの?という気も…例え悪いですけど、浜村純の映画解説みたいな…(^_^;) 散々ネタバレさせて、「もうこれ以上は言えません」的な…ほどではないですね、すみませんm(_ _)m でも、主役2人の心情までイチイチ語られるのは、ちょっとうざいかなと。心情は役者の力量で表現してもらわないと。天才・藤原竜也と個性派・山西惇を使ってるのに勿体ないって気がします。木の精は時代を見てきた存在として、ただそこに居ればいいという気もしました。

この舞台の竜っくん、ハマってたと思います。凄く良かったです。山西さんも、いつもオチャラケた舞台でしか見たこと無いので、真面目な演技が見られて良かった(^_^;) そして、片平なぎささんを生で見る日が来るなんて!良かったぁ〜。よくぞ、この作品を作り上げて下さいました、という感じです。
詳細は明日っ!
2013年05月18日 (土) | 編集 |
今日は藤原竜也君が出演の舞台「木の上の軍隊」を観に行ってきました。久しぶりに竜っくんの言葉の威力に魅了された気がしました。ここ最近、役不足な感じがしてたんですけど…(^_^;) 詳細は明日。
今日は酔っぱらっているので、思考まとまりませんm(_ _)m まあ、いつもまとまってなくて、殆ど妄想日記なんですけどね…
橋下、暴風雨に晒され中〜
2013年05月17日 (金) | 編集 |
橋下が総バッシングを受けてますねぇ。何が悪かったかって言うと、「喋り過ぎ」に尽きるのでは?
頭の良い人に意外と多い喋り過ぎ。賢かったから、皆に一目置かれてきたから、謙虚さに欠けてしまうんでしょう。本当の本当に賢い人は、ちゃんとわきまえるもんですぜ。もう一歩も二歩も、もっと賢くなれよっ、橋下っ!
でもねぇ、大体、どっちが人権侵害しとんのかと。米軍全体ではないけれど、一部のならず者が時代を重ねても、何回同じことして、女性の人権、尊厳、プライドを傷つけてたんでしょ(ノ`△´) 問題が起こる度に、米軍の責任者、跳ばされてるんでしょ?それって、米軍の中でも不名誉過ぎる大問題だからでしょ?まず、今までの事、郷に入れば郷に従え、「土下座」して謝れっ!って話しですわ。話しはそれからやっ!
それと、半島下にもごちゃごちゃ言われたく無い。大学卒業しても働き口が無いから、外国で売春している女性、阿呆ほどいるんでしょ?己とこの国の性犯罪率も頭に入れてから、よその批判せぇっちゅう話しですわ。性奴隷って言葉、お前んとこの国の内部事情にこそ、相応しいことばやでっ!

もしかして、橋下って維新を辞めたいんじゃないの?なんか、維新も賞味期限切れみたいな話しもしてたし…石原が入院した時、石原もうアカンやろと踏んでて、みんなの党ともくっついて、元々の維新の方針で思うようにやろうと思ってたのに、石原復帰…残念……で、日本維新の会から、大阪維新の会へ逆戻りしたい…と思い描いていたりして…だから、わざといらん事言ったのでは?………は、またまた考えすぎですね(^_^;)
菅さん、かっけーっ!
2013年05月16日 (木) | 編集 |
菅義偉官房長官は16日午後の記者会見で、飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問に関し、韓国政府が日本側に「日米韓の協調にプラスにならない」との懸念を伝えたとの韓国外務省報道官の説明について「言っている意味がよく分からない」と不快感を示した…
この映像、夕飯時のニュースで見ました。菅さん、かっけーっ!リアル・オードリー「ちょっと何言ってるかわからない」と…素敵です…と感じてしまうのも、民主党だったら、こんな時、オタオタするんだろうな、いや、オタオタしてやがったな、という経験からでしょうか?
菅さんかっけーっ!と思いつつ、「本当に理解不能な半島下」を正直に言葉で表しただけなんでしょうね。なんつーか、マジで大丈夫なんでしょうか、半島下の政治家さんたち。1度、脳ドッグを受診されることをお勧めします。何でもかんでも日本を敵対視して、日本外しをして、それだけでバンザーイ、バンザーイの思考回路、病気です…よね?病気でなかったら、何なのっ?!余計怖いわっ!もしかして、地球外生命体?それで、ルーピーと呼ばれた男と侵略を謀ってたのか?……ハイ、楽しい妄想でした。


映画「藁の盾」
2013年05月15日 (水) | 編集 |
今日、藤原竜也君が出演している映画「藁の盾」を観に行ってきました。
竜っくんの悪役ぶりに期待しておりました。舞台でも悪の要素がある役は、とても魅力的ですからね。
今回の映画は、主役ではないので、極悪人ぶりは存分には描かれてなかったですね。少し残念だけれど、油断していると殺られちゃいました…竜っくん、恐るべし(^_^;) まあ、ネタバレになるので…
この映画の登場人物の中で、2番の悪もんは、山崎努でしょ。己の復讐を遂げる為に大金で人の心を惑わし、巻き込んで死人まで出して、どう責任取るっちゅうねん!コイツも死刑やろっ!と思ってしまいました。
巨万の冨があるなら、自分の部下に犯人を捜させて、自分で殺せばいいじゃん。まあ、ストーリーが一瞬で終わるシナリオをになってしまいますがね(^_^;)
松嶋菜々子さんの台詞で「懸賞金が出てなかったら殺してるのに」っていうのが、かっけー!お金では動かないっていうプライドが素敵です。ただ、松嶋さん、いつもよりも綺麗じゃない…役柄でそうしてるのかもしれませんが、アップのお顔が撮影疲れのような…
松嶋さんだけではございません、永山絢斗君も、アップの時に目の充血が激しかった。怒りのシーンなんですけれど、迫真の演技で目が赤くなるのかしら?永山君だけではありません、主役の大沢たかおさんも、永山君ほどではありませんが、充血してました。撮影、超ハードだったのかなぁ?
映画って色彩の加減かも知れませんが、大概ドアップの顔、通常より不細工に見えますよね?そんなことないですか?巨大な画面だから、毛穴まで見えるし…つーか、本田博太郎さんはドアップでなくても怖かったけれど( ̄∇ ̄)
話し元に戻しまして、映画自体、面白かったです。そして、後味悪過ぎです。原作…読みたいような読みたく無いような…
竜っくんの最後の台詞は原作にあるのかしら?最後のその日が来るまで、絶対に悔悛なんかしない…純粋な悪を演じた竜っくんでした。ツッコミどころもあるんですけれど、まあ、今日はこの辺でm(_ _)m
橋下、さすがに少し黙って欲しいと思ってきました。
2013年05月14日 (火) | 編集 |
さすがに、橋下、少し黙ってろっ!と最近思いますね。
言ってる事はごもっともというところもあるんですけど、慰安婦までで終わって欲しかったですね。米軍に風俗に行けというのは…一般市民をレイプするなっ!ってことでしょうけれども、大阪市長が公に風俗を勧めてどうすんねん?ってことですわ。勧めるんなら公の電波に乗せずに、こっそりと耳打ちしてあげて欲しかった…(^_^;)
橋下のことだから、カジノに風俗も併設なんて、マジに提案してしまいそうで…ヤバいっすね。
以前に、コスプレをホステスに暴露されてなかったら、「過激な発言」とだけ捉えられたかもしれませんが、風俗推し発言によって、お前のコスプレ浮気自体、婉曲に自己擁護してんじゃないのかと…考え過ぎでしょうか?
まあしかし、一連の橋下発言に対する韓国からのバッシングは、巨大鏡で反射してやりたいですね。アメリカまで行って、セクハラしてるような奴がおる国の、どの口が言う?って話しですわ。
私の選ぶ変態映画BEST3。No.1は安田顕監督作品…?
2013年05月13日 (月) | 編集 |
今日のネタは、突然ですが「私の選ぶ変態映画ベスト3」です(^_^;)m(_ _)m

まず最初にこれは変態だっ!と思った映画は「ブルー・ベルベット」です。監督・脚本は、デイヴィッド・リンチ。これ、見た時にショックを受けましたねぇ〜。こんな世界があるのねぇ〜と、アメリカって、やっぱ変態度もアップしてるなぁと…しかし、アメリカでも、公開当時は賛否両論、というより非難を浴びたとか…普通に受け入れて見てた我が家って…まあしかし、これを家族で見られる時間にテレビ放送した局も、如何なものかと。きっとツイン・ピークスがヒットしてた時に、デイヴィッド・リンチ作品を放送しようってことではなかったのかと思います。
デニス・ホッパーがもう…アレ過ぎて(^_^;)、その後、どんなに変態的な役を演じても、この人はこういうキャラって容認してしまいました。

次に、WOWOWに加入した初期に見て、おおっとぉー、きたぁーっ?!\(^o^)/と、思ったのが、「赤い航路」ですわ。こちらは小説の原作ありなんですけれど、ロマン・ポランスキーが監督…ってだけで、何となく変態度が上がる気がするのは私だけでしょうか?( ̄∇ ̄)
普通にラブストーリーだし、過激に変態だし、かなり滑稽だし、凄く怖いし(ToT)…俳優もイギリスとフランスで、個性的なキャラだし…ヒュー・グラントって、一時期ブレイクしたけれど、私の中では「赤い航路」と「モーリス」の人っていう、ちょっとキワモノ的なイメージがありました(^_^;) いや、どちらも素晴らしい文芸作品なんですけれどもね…

以上、2作は昔勤めていた会社の、キワモノ好きの正社員の女性に紹介しましたら、大絶賛されました……

さて、3作目は……これは、言うのが憚られるんですが…リンチとポランスキーと並べて良いのやら悪いのやら…
発表します、安田顕監督の「ヤスダッタ3D」です……すんません、TEAM-NACSファンで無い方には、何の話しかわからないと思いますが…STORYを書くのが面倒臭いんで、っていうか、書いてもわからないと思うんで…ネットで調べて下さい。取り敢えず、この映画を見たら、「ああ、やっぱり安田さんは変態だったんだね。やっぱり裸なんだね。」と非常に納得する作品です…いや、私は、納得しました。
これ、日本人だから呪怨でホラー慣れしてるし、安田顕さんって人を知ってるから笑えるけれど、案外、外人が見たら恐怖で絶叫するかも……?は、無いか?でも、ビジュアルは怖いっすよね。

で、何故、今日、変態映画ネタなんぞを?
大泉洋さんの「探偵はBARにいる」の新作を見に行かなきゃなぁ〜と思っていて、安田さんに思考が飛んだとき、突発的に「ヤスダッタ」を思い出してしまったのが理由です。
ということは、私の選ぶ変態映画No.1は、「ヤスダッタ3D」ってことになるのかしら?
天海祐希さん、焦らずに休んで下さいまし。
2013年05月12日 (日) | 編集 |
天海祐希さん、舞台の降板、残念でしたね。代役に立った宮沢りえさんの情報ばかりが、最近目につくようになって、余計に天海さんが気の毒になりました。
確かに、代役を引き受けて、短時間で台詞を覚えて舞台を勤め上げるというのは、凄い事だと思うし、宮沢さんの実力は賞賛されるべき者だとは思います。でも、私が天海さんなら、あと少しで最終日というところで、病気の為とはいえ降板するというのは本当に辛い。なのに代役が活躍してるという見出しを見れば、心中穏やかではいられない。後悔と悔しさと、自分にこそ相応しい役立ったのに…(ToT)と、号泣してしまいそうです。
ただ、天海さんは男らしい方なので、残念無念と果てること無く思い続けられるとは思いますが、宮沢さんに感謝していることでしょう。私のような、小者ではありませんもんね。
しかし、あんなに元気そうなのに、ちょっと体調が悪いと病院に行ったら、軽いとはいえ心筋梗塞って聞いたら、ビビりますよね。天海さんは仕事が絶好調過ぎたので、少しゆったりお休みになった方がいいと思います。焦らないで、慌てないでっ!
心配していた通り、やしきたかじんが体調不良。私、ゆうてましたやん、ゆるゆると仕事しぃやーって(ノ`△´)
たかじんの場合、長期間休みましたけれど、なかなか大変な治療期間だったので、いきなり2時間スペシャルとか、やり過ぎたんですよ。30分くらいから始めた方がいいと思いますわ…テレビ局も考えたったらエエのに。本人が出来ると言っても説得して、ゆるゆるさせるべきだった。
だから、天海さんも軽度とはいえ、バシッと完璧なお墨付きをお医者さんに貰うまでは、休んで欲しいものです。元気じゃない天海さんなんて、嫌っ!
スタバ1000店…私はドトール派です。
2013年05月11日 (土) | 編集 |
世間の皆様はスタバをよく利用されているのでしょうか?
スタバのハワード・シュルツさんというCEOが、今年中に日本の店舗数が1000店を突破すると明らかにされたらしく、1000店を突破するのは、世界でも北米以外では日本が初めてだそう。
私は、ドトール派なんですよ。コーヒーが苦手な私は、常にカフェラテを頼むんですが、ドトールだと普通のブレンドコーヒーも飲めるんですよね。コーヒーの苦みよりも酸味が苦手なんですが、ドトールのはまろやか〜に飲める。だから、ドトールだとラテではなくブレンドコーヒーを頼む時もあり。
さらに、ドトールは食べ物も美味しいと思うんですよ。もう、スタバはねぇ、食べ物を売るなっ!って思いましたもん。私のチョイスが常にマズいものを選んでしまったのかもしれませんが…そして値段が高いっ!マズくて高いっ!これ完璧に怒りの鉄槌レベルですわ。
ただ、スタバにはチャイがあるんですよ。私の場合、チャイがあるからスタバの存在意義があるんですわ。アイスチャイ、無性に飲みたい時があるんですよねぇ。その時はスタバかシアトルズベストコーヒー…シアトルの方が味は好きだけれど、スタバの方が店舗が多いんだなぁ。
なんで、ドトールさんには、是非ともチャイラテをメニューに加えて欲しいもんですわ。打倒、スタバっ!……
いや、別にスタバに恨みは無いんですわ。アンチでもないし、よく利用してるし(^_^;)…今までのアンチ・ネタは何やってん、どうやねんっ!って話しですけど…
取り敢えず、スタバさんにはフードの質を向上してほしいですな、って話しっですわ。で、ドトールさんにはチャイを追加ってことでお願いします。m(_ _)m

よそ様の国まで行ってセクハラって…赤っ恥のスターマイン状態じゃん。
2013年05月10日 (金) | 編集 |
朴槿恵大統領の訪米に同行していた大統領府の尹昶重報道官が、在米韓国大使館のインターンの女性にセクハラ行為をして更迭?!(ノ`△´) よそ様の国に行ってまで、何晒しとんねんっ!
慰安婦がぁ〜、歴史認識がぁ〜と、わざわざアメリカまで行って、「ゆうたった、ゆうたったでぇ!」と得意満面であったろうに、このザマは失態っていうか、変則ブーメランっていうか…日本の歴史認識より、己の国の道徳認識を最初に正せっ、ボケっ!アメリカさんも、「コイツら、何しに来よってん?」と思っているのでは?
もう半島上下と中国、異次元に飛んで帰って来んなっ!

円安もねぇ、何も韓国経済をターゲットに虐めてる訳では無いですからね。文句言われる筋合いは無い訳ですよ。むしろ、お前ンとこの方が、隠れて為替操作してたやんけっ!つーか、昔、110円とかの時はどうしてたのさ?自助努力せぇやっ!

まだありまっせ!今度は笑い話系ですけど、イタリアのメーカーがデザインしたスマホのケースが、日本の旭日旗をイメージしたものだっのたで、 韓国のインターネットユーザーから抗議が殺到したそうですわ。イタリアのメーカーさんは、「単なる旗じゃん。ナチスや、原爆投下のせいでドイツの国旗も星条旗も使用してはいけないことになるのん?」と反論されたとか…全うな返しですよねぇ。「私たちにこのようなメールを送るだけの余裕があるようで羨ましい。」とかまで言われちゃって…

なんつーか、もう…赤っ恥を1000万発くらい打ち上げて、スターマイン状態じゃないですか。それでも、絶対に懲りない奴らなんですよねぇ…やっぱ、異次元に消えて下さいっ!
いい加減、「おしまい」になって欲しい、ルーピー党。
2013年05月09日 (木) | 編集 |
参院環境委員会の川口順子委員長が国会の承認が無いまま海外出張を延期したとして、野党7党が提出した川口氏の解任決議案が参院本会議で可決。
昨日の関西テレビ「アンカー」で青山さんも言ってたけれど、別にちゃんとした法律がある訳じゃ無し、単なる「慣例」を破ったに過ぎない。しかも時代錯誤な慣例が国会内には幾つも存在するらしい。川口さんは「国益」などと言わずに、いい加減、古い慣例を見直して、国会法として成立しませんか?みたいな前向きな話しに持っていけばいいのにと青山さんは言ってましたね。
環境委員会って、わずか10分位で終わるとか?だったら、「ごめん、日を改めて下さい、楊さんと会いますねん」で済むと思いますわ。つーか、慣例がどうとかじゃなくて、「マトモな日本人」で「マトモな社会人」だったら、「わかりました。」で済むでしょ?めっっっさ大事な会議で、その会議で重要な結論を出すっていう状況ならともかく、10分で終わるって、出席とって終わりですやん。つーか、初めから集まるなよと。
一議院が他国の重要人物と意見を交わすということに橋下は意義を唱えてるけど、自分が川口さんの立場なら、ガンガンに野党に対して宣戦布告して、己の正当性を説いてると思うぞ、橋下。
今日の「アンカー」で宮崎哲弥さんが、「あの、朝日新聞がマトモなことを言ってる」と言ってましたがヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆、何故かいつも反日、反安倍のメディアどもが、何故か川口擁護なんですね……怖いです…
これは、中国におもねっているんでしょうか?だとしたら、民主党はアウトーっ!ですね。参院選に向けて自民党の足を引っ張ろうとしたが、メディアに批判されて墓穴を掘ったのでは?そして、中国様にも、「わずか10分の用事と、うちの重要ポストの楊様に会うのと、どっちが大事やねん?ルーピー党さんよぉ?」と睨まれ、とうとう民主党は消滅しましたとさ、おしまい…という物語になってしまうと、楽し過ぎますねぇ。
だいたい、もう二大政党でもなんでもない、雑魚の党になりましたやん、民主党。己の力で輝けないもんは、周りを貶めることで浮上しようとする、ありがちっすなぁ……と、自分の会社勤務時代のストレスを思い出し、遠い目をしてしまいました。全く、嫌な事を思い出させるぜ、民主党。本当に本当に、「おしまい」になって欲しいですわ。
関西テレビ「アンカー」の青山繁晴さんの話しに、びっくらこきました!
2013年05月08日 (水) | 編集 |
今日の関西テレビ「アンカー」の青山繁晴さんの話、びっくりしました。もしかしたら、衆参同時選挙?!一票の格差を是正してから、改めて国民に政権を選んでもらうという、ちょっと聞くと、自民党さん、かっけー!な感じですね。衆参同時選挙で自民党が圧勝すれば、憲法改正に弾みがつくことになるのでは…?
安倍ちゃん家に麻生さんが訪れて、長時間会談の内容が、衆参同時選挙の決断だったとか……
いやー、しかし、青山さん、こんなこと言っちゃっていいのかしら?と思うも、安倍ちゃんにもゲルにも直接電話して、雰囲気的に衆参同時選挙に持って行きそうなニュアンスだったとか…隠したかったら、絶対に青山さんと話をしないもんね。きっと、アンカーで喋る事も織り込み済みなんでしょう。その上で、国民の皆さん、ご準備をっ!当然自民党に入れてくれるよね?っていう感じじゃないでしょうか?
そうなった日にゃあ、モチのロンで自民党に入れますけれどね。だって、今のこの景気回復のムード、ムードだけでも持続させいたじゃないですか。それに、他にどの政党が政権を運営出来るのかと…民主党でド・素人には懲り懲りしましたし、維新は個性的過ぎて、もう少しだけ起伏をなだらかにしてもらわないと駄目。アジェンダはウザ過ぎるし、その他はもう無いに等しい政党だし…失礼しましたm(_ _)m
つーか、私的には自民党圧勝よりも、民主党にトドメを刺す、民主党消滅を賭けた選挙戦になることを希望致します。
一昨日、奈良の唐招提寺に行ったと書きましたが、奈良ってところは、馬淵さんが強いんですねぇ。ここにもマブチ、あそこにもマブチって感じでポスター貼ってあります。大阪の橋下と西野くらいに貼ってあります。
で、一昨日見た馬淵の隣に貼ってあったポスターが遠目に「西川きよし」?!で、同姓同名?!と思って近づいたら、「前川きよし」っ?!!!同姓同名?!と、さらに近づくと、「前川きよしげ」でした(^_^;)(^_^;)(^_^;)
すんません、この間眼下で視力が落ちてるって言われたもんで…裸眼では無理でした。
で、馬淵さん、ついでに前川さん、奈良で民主党で勝ったって、あぁた、先は無いですぜ、と余計なお世話ですが、お前誰やねん?の私が、何様やねん?の私が、取り敢えず、ご忠告しておきますわ。では、さいなら。
橋下に「紫頭おばはん」と呼ばれた女。
2013年05月07日 (火) | 編集 |
橋下大阪市長に「紫頭おばはん」と呼ばれた浜矩子氏。「アベノミクス」を「アホノミクス」と揶揄したとか…作り上げられたムードに市場が踊らされているバブル状態で、後でエラい目に遭うとおっしゃっているとか…
確かにムードに乗ってるのは事実だと思いますけど、景気の気は気分の気とテレビで財界人が言っていたので、取っ掛かりは気分、ムードでいいと思います。それだけ、不景気な気分は地を這ってましたもん。ムードを作ってから後が勝負。それでいいんじゃないんでしょうか?それとも、このマモー似のオバはんに何か確実な経済上昇の秘策でもあるっていうんなら、是非、聞かせて頂きたいですね、「アホノミクス」なんてイチビッたこと言ってないでね。もしかして、私、上手いこと言うたわぁ〜とか思ってるんでしょうか?私、この人の喋ってる事、なんか理解出来ないんですよね。底の浅い事言ってるなぁっていう気がするんですよ。だいたい、こんな人、テレビになんで出すの?失礼ながら、ルックスが…
橋下が「紫頭おばはん」を撤回して謝罪したのは、奥様に「女性の容姿に触れる事は言っては駄目だ」と言われたそうです。奥様、エラいですね。ですが、奥様、どう考えてもこの浜っつーおばはん、テレビ向きでは無いです。うちの母だと「テレビに出したらアカン」と言うと思います。マモー似を除けても、エラソーで人を見下した表情と物言いが嫌いです。だいたい、「アホノミクス」なんて言って、ほくそ笑んでいるなんで下品な教授っすねえ。安倍ちゃんが「アホノミクス」なら、紫頭は「魔物ミックス」なルックスじゃん!……一応、マモーと魔物をかけてみました(^_^;)
女が女のルックス批判って、見苦しいですね、すんませんm(_ _)m でも、ほんとマジで他に人材いなかったのかよと、心の底から思ってしまいます。まあ、この人が出てたら、チャンネルは変えるんで、実害は殆ど無いですけどね(^_^;)
唐招提寺に行ってきました。
2013年05月06日 (月) | 編集 |
今日は、西大寺から垂仁天皇、唐招提寺、薬師寺まで歩きました。本当に、歩く事だけが目的という感じでした(^_^;)
まず、西大寺。ここはよく知っているので横を通ったのみ。
西大寺の斜め向かいに『GATEAU DES BOIS(ガトー・ド・ボワ)』というケーキ屋さんがあります。フランスで2年に1度開催されるお菓子の世界大会「クープ ドュ モンド パティスリー」で、 1991年にオーナーの林雅彦さんは日本人初、フランス人を負かして世界チャンピオンを獲得したという、由緒正しいというか、立派なお店です。ここのケーキも、ついこの間、お土産で食べたので、今日は気になりつつもスルー。
ズンズン西大寺から歩いて行って、雲雀のさえずりを聞きながら、菅原天満宮を越えて、阪奈道路沿いの喜光寺では仁王さんの写真を撮るだけで終わり。阪奈道路を越えて垂仁天皇陵に沿って、まだまだ歩きます。この垂仁天皇陵の横を通っていると、数十年ぶりにウシガエルの生声を聞いて、おおおおおーっと懐かしさを感じつつ、巨大な姿を思い出して、足早に立ち去りました(ToT)
垂仁天皇陵を見渡せる遊歩道で少し写真休憩。取り敢えず合掌してから写真を撮ってると、御陵から物凄い数の鳥のさえずりが聞こえてきて、びっくりしました。それがあまりにも綺麗に響くので、しばしうっとり、癒されましたぁ〜。
で、またまたズンズン歩き、唐招提寺へ。ここが今日の最大の目的地です。
子供の頃にきて、両羽広げた寸法が10センチ以上の蛾を発見した寺院として記憶に焼きついております。そのイメージを持って、これまた数十年ぶりに訪れましたら、あれ?こんなに綺麗なお寺だったっけ?もうちょっと暗めで、木が鬱蒼と生えてて…人影もないところで蛾を見つけたと記憶しているのに…快晴だったせいか、全てが輝いてました。新緑が美しい。境内もかなり美しく、庭園といった感じ。楓の羽型の赤い実が花のようで、新緑と一緒に陽に透けてました。
仏像も子供の頃は興味無かったけれど、今は一転仏像好きになっているので、本当に有り難くお姿を拝見させて頂きました。
ガクアジサイに似た鑑真和上ゆかりの白い花「瓊花(けいか)」も満開でした。確かに紫陽花に似てはいますが、かなり背が高くまで成長し、こんもりと茂っていて、ワサワサと風に揺れている様は、清楚な白い花なのに、迫力ありました。隣で咲いていた藤が完全な脇役になってました。
唐招提寺でゆったりと時間を過ごした後は、終点の薬師寺。薬師寺は本尊と東塔以外は消失して、近年になって次々と再興されているそうです。歴史は古いけれど建物自体は新しい。しかも、唐招提寺と違って緑が少ないなと、門のところで逡巡。結局、足も疲れたし、お腹も空いたし、駅にも近いし、そして拝観料が高いので(^_^;)、中に入らず門にデンして帰りました。
雲雀の声、ウシガエルの声、たくさんの数の鳥のさえずりを聞くことが出来て、新緑の息吹と木漏れ日を浴び、そして珍しい白い花も見られて、かなり癒された1日でした(^_^)
お酒が弱くなりました…
2013年05月05日 (日) | 編集 |
今晩は外食でした。
寄る年波か、お酒が弱くなってきました。今日はいつもより一杯少ないのですが、今、凄く眠いです。
なんで、寝ます。すんませんm(_ _)m
妖怪よりも人間の方が怖いですね…
2013年05月04日 (土) | 編集 |
昨日見に行った大阪歴史博物館の「幽霊・妖怪画 大全集」ですが、ぬらりひょんや豆腐小僧の他に気になった妖怪が、まだいました。「オロシヤの人魂」って奴です。ロシアのヒトダマで、激しく風が吹くと「オロシヤオロシヤ」と叫ぶらしい…もう意味わかんないっすね(^_^;) もしかして、「おそロシア」ってダジャレ、「オロシヤの人魂」から生まれたのかしら?ルックスも激しく訳のわからん風貌でした。よければ見に行って下さいまし。

もう一点は美人幽霊の肉筆画。「番町皿屋敷」のお菊さんの幽霊の絵です。幽霊じゃなければ、完璧な美人画で、坂東玉三郎さんに似てるんですよねぇ…綺麗でしたわぁ。再度、よければ見に行って下さいまし。

まあしかし、絵に書かれた幽霊は、どんなにおどろおどろしくても哀れさがあり、妖怪達に至っては愛嬌満載です。やっぱり現実社会の人間の方が、よっぽど怖いですね。特に最近は、半島の方々がねぇ…
半島下に至っては、反日のくせして、小学校の教科書の表紙に、日本の小学生の写真を使ってるって、トピックスで知りました…表紙の日本の子供を見て、日々、憎しみを募らせようってことなんでしょうか?それとも、単純に日本の子供の方が可愛いと思ったのか…さすがに、小学生から整形は出来ませんからねぇ…と、ここでジョンベネちゃんを思い出してしまいました…(ToT)やっぱり、人間が一番怖いっすねぇ…
ぬらりひょん&豆腐小僧って…昔から言い伝えられてたのねぇ…
2013年05月03日 (金) | 編集 |
憲法記念日の今日、目からウロコの中山成彬議員のツイート。
「アメリカが押し付けた憲法を日頃反米の人が擁護するのが面白い」
心の中で、おおおぉぉーっと思いました。私、全然、そんな矛盾に気がつきませんでした。確かに、反米なら自分たちの憲法を作ろうぜっ!となるはずですよね。反米だけど、憲法だけはグッジョブとアメリカさんを評価しているのかしら?何にしろ、エエ加減な人達ってことですな。
早い話しが邪魔臭いから作り直さなかったんでは?自称、西日本一の邪魔臭がりの私はそう考えてしまいます(^_^;)
中山さんのツイートでもう一文、良いのがありました。
「相変わらず世論調査という名の世論操作が罷り通る日本、各社の調査を比べるとよく分かる」
最近、世論調査の数字、全然信用しなくなってます。民主党の支持率なんか、マジに捏造だったはずですもん。

さて、今日、大阪歴史博物館で開催されている「幽霊・妖怪画 大全集」という催しに行って来ました。面白かったです。が、めっっっさ人でした。私が行った時間はまだマシ。ほんの30分後くらいから、チケットを買うのに長蛇の列になってて、びっくり。どんだけ、日本人って幽霊と妖怪好き?って自分のことを棚に上げてますけど…
びっくりしたのが、鬼太郎に出てた「ぬらりひょん」って、水木先生の創作じゃなくて、本当に昔から伝えられて来た妖怪だったということ。そして、アニメ映画にもなった「豆腐小僧」も同様に昔から言い伝えられてきたとか…特に何をする訳でもない妖怪ってことで…(^_^;) びみょーな妖怪っすねぇ…
展示はちゃんと列に並んで見なければならなかったんですけど、私の後方の男性の話しに力が抜けましたわぁ。円山応挙が書いたと言われる美人幽霊の絵があって、応挙以降の女性幽霊は、応挙のスタイルを基本として、弟子達が書いたそうなんですけど、後方の男性、「円山応挙って人が基本なのか…」的な発言をされてたんですけど…すんません、「円山応挙って人」という言い方は、もしかしてもしかして、応挙の名を知らなかったって事ですよね?!チラ見したら、白髪まじりのエエ歳した男性でした。えっ、おじ様、応挙を知らんか?!とびっくりしました。日本史で習ったはずやろ?と、心の中でツッコミ入れてました。自主的ゆとり教育か?!
それとも円山応挙の名前すら知らない世の中になりつつあるんでしょうか?「なんでも鑑定団」を見てる私だからこそ、応挙の名前を知ってて当たり前と思うのでしょうか?
と、憲法記念日の今日、憲法改正よりも円山応挙に気を取られた私でございました。
皇太子ご夫妻、オランダの新国王即位式に出席
2013年05月02日 (木) | 編集 |
皇太子ご夫妻がオランダの新国王即位式に出席されたことについて、現地の新聞は、雅子様のご病気に触れ、「妃殿下の式典参加は極めて特別なことだった。」とし、「即位式に皇太子殿下と現れた際には、喜びのささやきが起こった」と伝えられたそうです。
色々、大変だったろうと思いますが、式典に参加出来て良かったですね、雅子様。世間はアンチ雅子様の方が多いのかしら?亡くなられた三宅久之先生も厳しかったですもんね。まあ、三宅先生は雅子様というより、小和田家に対して厳しかったのかもしれませんが…
私、一時、心の病気を煩っていてた身内もおりますし、鬱病になってしまった会社の同僚もおりますので、雅子様が公務を選り好みしてるだとか、怠慢だとかは思いません。公務はサボってるのに、ご友人とは会食に行ったなどとか、色々週刊誌に書かれたこともありましたが、単なるサボタージュの場合、そこまで書かれたら立場上、取り繕う為に公務に就かれるでしょう。そこまで書かれても、出来ないもんは出来ない状態だと推察致しますね、私の身内と同僚と照らし合わせてみると。だいたい、皇室という場がストレス、友達との会食はストレスから解放される場なんですよ。そこを批判されると、ますます逃げ場が無いですよね。

つーか、皇室のことを一般の芸能人みたいな扱いで週刊誌に書くっていうことが如何なもんかと。前にも言いましたけれど、週刊誌ネタになることが「開かれた皇室」ってことじゃないですからね。宮内庁発表の情報以外、記事にしてはいけないことにしたらいいんではないかと思います。一般人は反論出来ますけど、皇室の方々は記者会見を開いて、記事に対する反論なんか出来ませんもん。それってフェアじゃないでしょ?
今度のオランダ行きも、さっさと決めて貰わないと困ると宮内庁が文句言ってるとかも記事になってましたけれど、宮内庁ともあろうものが、リークしとんのか?と思ってしまいました。宮内庁自体が劣化してるんじゃないでしょうか?
だいたい、雅子様みたいなキャリアウーマンを妃殿下に迎えたんなら、新しい役割を担ってもらえば良かったんだと思いますよ。皇室の慣例としきたりとを継承してもらいつつも、新しい時代の妃殿下として、外交官のキャリアを生かした公務に就かれたら良かった。外交官が妃殿下に?!とご結婚が決まった時に、誰もが新しい妃殿下像を、少しは思い描いたんじゃないでしょうか?
皇太子様の「雅子様に対する人格否定発言」がありましたけれど、一般の社会にもよぉーありますわ。会社でも指導する立場の人間は、己の発言と相手の感情に常に高感度を維持しないといけないのに、鈍感な奴多いですもん。時代錯誤な奴も多いっすよね。体罰が当たり前と思ってる奴らもそう。指導者がノータリンだから、相手の人格否定していることにも気づかなくて、そんなつもり無かったとかいうんですよねぇ…マジに死ね、ハゲっ!(ノ`△´)と毎日思ってましたわ………と、雅子様のことから、自分の過去に話しを変えてしまいました(^_^;)
よーするに、雅子様の妃殿下教育をした方々、皇室の隅々まで知り尽くしてるんでしょうが、それだけの専門馬鹿じゃなかったのかという疑念あり。暴言ですが…m(_ _)m  全ての指導者は、ちょっとしたカウンセラーでもあるべきだと思いますね。

色々勝手に想像してしまいましたが、雅子様のご回復を心から願っております。雅子様のご病状を考えると、初の民間からの皇室入りをされた美智子皇后様の当時のご苦労は如何ばかりかと…想像出来ません!思っただけで泣きそうになりますわ(ToT) よくぞ、今まで皇室を支えてこられたことかと、尊敬致します。