関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
夏からの解放
2015年08月29日 (土) | 編集 |
暑い…が、確実に秋の気配。
我家の庭は、今、百日紅が満開です。
うちの百日紅は、他所よりも咲き始めるのが遅く、晩夏になって満開になります。
満開の期間も長く、台風に散らされなければ、いつぞやは10月まで、ぽつ、ぽつとピンクの花弁が残っていたこともあります。
百日紅の花が満開になって、その花影に秋の気配を感じます。
雲の塊の移動によって、突然に翳り、また明るくなる。
光の移ろいが感じられると、夏嫌いの私は少しほっとします。
昨日の夕方にはツクツクボウシが鳴いてました。
うちの近辺は、ほとんどアブラゼミしか鳴きません。
でも、夏の終わりにはツクツクボウシがたまに鳴くのを聞きます。
夜にはカネタタキが鳴き、今晩はコオロギの声が加わりました。
毎日少しづつ、季節の往くのを感じ、夏からの解放が近いことを喜んでいます。