関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
私の“いやげもの”1位は…
2015年09月22日 (火) | 編集 |
もらって困る「イヤなお土産=いやげもの」1位は何?
「DeNAトラベル」が今年8月に、“いやげもの”をSNSに投稿してもらい、抽選で10万円分の旅行をプレゼントするキャンペーンを行い、たくさんの投稿が集まった、その結果。

1位は食べ物・飲み物だそうです。確かに、味覚に合わないと不味く感じますもんね。
2位は人形・置物・飾り物。これも趣味に合わないとねぇ。

私の中のダントツ1位は、「中国の」食べ物。
2位は、「中国の」人形・置物・飾り物。

以前にも度々日記に書いていると思うんですが、知り合いが中国好き。
出張じゃなくて、趣味として中国好き。毎年、一人で旅行に行かれます。
大規模な反日デモの時も、尖閣諸島問題の時も、PM2.5も物ともせず。
爆発がじゃんじゃん起こってる今年も、勿論、行く予定だそうです。

で、毎年、お茶と何かしらの食べ物を貰う…たまには、ちゃっちい人形とかも…
苦痛です…。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。 マジに苦痛です…(ToT)

毒入り餃子事件があっても、これは多分大丈夫だと思う、と食べ物を貰い、マジに神経疑いました。
もし、自分の土産で知合いが中毒で病院に運ばれたら…?ってこと、全然考えてないですよね。
まあ、中国通なんで、何が大丈夫で、何がヤバいか、直感でわかる能力を身につけているのかもしれませんが…
実際に毒が入っているかどうかじゃなくて、食の安全性に疑問が残った状況で、日本人が神経質になっている時に、どうして食べ物を買って帰れるのかと…

腐った牛肉事件があった時に、「身内が中国製は危ない」と嫌がっているので、お土産は不要です、お気遣い無く、と言ったにも関わらず、お茶を押し付けられました。
工芸茶だったんですが、飲まなくても綺麗だから…って理由でした。
いやいやいやいや、お土産は要りませんよ,と言うことが、どんだけ勇気がいるか、わかってないんかと。
気ぃ悪くしないかと、こっちは断り方まで神経を使って考えて、勇気を出して言うたんじゃ!
それを汲み取らないって、無神経そのもの、じゃないですか?
自己満足なのか、お土産あげたでしょ、っていう、押し付けがましい「恩に着ろよ」アピールなのか…

今年中にまた行かれるみたいですが、付き合いが無くなっても致し方無しで、
「中国のお土産は、絶対に何も要りません、何一つ買わないで下さい。お金を無駄にしないで下さい!」
と、今回は勇気を持ってというより、怒りを持ってお願いしようと思っています…ファイトっ!