関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
金木犀の季節がそろそろ…
2015年10月01日 (木) | 編集 |
低気圧が急速に発達し、台風並みの気象状況になるとか…
大阪も、強風になってきました。
金木犀の咲く前で良かったです。
この低気圧で、あっという間に散ってしまったら悲しいですもん。

金木犀の香りをトイレの匂いっていう知人がいまして、なんて金木犀に失礼な人なんだろうと。
しかも、毎年、毎年、同じことを馬鹿の一つ覚えみたいに、季節の頼りで(メール)言って来るので、その度にプチっと切れてました(-_-メ)
私の誕生月が10月で、金木犀が咲く時期でもあるので、自分の誕生花のように思っていたので、それをトイレの芳香剤だと言われて、マジにムカつきました。
つーか、金木犀の芳香剤を出してるのって、小林製薬か?責任者、出て来いっ!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
って思ってましたけれど、金木犀=トイレっていう連想は、小林製薬のせいでは無かったようです(^_^;)m(_ _)m

昔、水洗トイレになる前は、トイレっていうか…昔風に言うと、お便所の近くに臭い消しの為に金木犀が植えられていたとか…なんで、年輩の人にとっては、金木犀=トイレの木だと、刷り込まれているのかもしれない、ということでした。
なんで、知人は私よりもずっと歳上なんで、この刷り込みがあるのかもしれませんね。

この知人、季節の花鳥風月を捉えて、時候の挨拶メールをくれるのですが、正直、金木犀=トイレだという発想に囚われている限り、エセ風流人、エセ詩人、という評価しか出来ない…
そんな私は、とっても心の狭い奴ですが、金木犀の為に、この季節だけは心の狭い奴のままでいます。