関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
アップデートしたいと思っておる次第です…
2015年11月08日 (日) | 編集 |
真央ちゃんが新たな一歩を踏み出し、私も時を同じくして、小さな一歩を踏み出したと、先日、日記に書きました。

長年、お付き合いしていた方とお別れ致しました。
理由は、いい加減飽きてきた…?もう更年期だし…?面倒臭くなってきた…?
どれも当てはまるんですけど、根本的に好きにはなれなかった、というのが正直な気持ちかな…
最初は新鮮だし、自分の知らない話しも聞けるし、聞いてもらえるし、何よりも女性として見られるのが嬉しかった。
女として枯れ始めた時にお付き合いが始まったので、私もまだイケるという実感を持たせてもらったし。
楽しかったんですけど…

年月が経過するにつれ、お相手の些細な言動に対して、
「それはどうかな…」が「ないわぁ〜それ」になり、「わからんわぁ〜!」になって、最終「アカンやん!」と思うようになり…(^_^;)
これって夫婦でも同じですかね?
っていうか、女友達同士でもありますよね。
でも、夫婦や友達なら、よっぽどでない限り、その違和感を越えてお付き合い出来ますが、夫婦でも友達でも無い、男と女の間では越えられないような気が…いや、越えられませんでした。

お別れを告げた時に、引き止められもしなかったので、お相手も同じように感じていたものと思います。
Good Timingの潮時だったのでございましょう。
少し寂しかったですけれど、期待した解放感も得られました。
たまにしか会わなかったにせよ、お付き合いしていた方と共有していた時間が無くなったことで、少し時間の余裕が出来たような気がしています。心の余裕も増えた気がします。
デートが義務のように、たまに入る仕事のようになっていたんだと思います。

そんな時に、真央ちゃんの復帰演技「素敵なあなた」を見ました。

真央ちゃんや選手時代の高橋大輔くんや、鈴木明子さんを見ると、自分の不甲斐なさを感じまくってました。
でも、「素敵なあなた」は、やっぱり、何者でもない、ちっぽけな不甲斐ない自分を感じつつも、何か励まされたような暖かい気持ちも感じさせられました。
真央ちゃんは凄いなぁ〜。人を幸せな気分にしてくれるなぁ〜、と感動。

さて、わずかばかり出来た時間の余裕を、どう使えばいいのか…?
っていうか、今までデフォルトで持っていた時間の余裕も無駄にしていたのに(^_^;)、今さら阿呆かっ?っていうツッコミを自分に入れております。
何をしていいかもわからないんですけど、自分自身のアップデートをしたいと、思っておる次第です。