関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
今さらながら、号泣のお天気お姉さん…
2015年12月06日 (日) | 編集 |
巷で噂の「NHKお天気お姉さん号泣事件」ですが、全く興味無かったんですけど、遅ればせながら、号泣の理由を知りたくなりました。
つーのも、若いお姉ちゃんかと思いきや、泣いても可愛いとは思ってもらえないであろう39歳なの?
その年齢で公の場で号泣って、よっぽどのヘタレた根性の持ち主か、よっぽどの精神的負荷があったのか?
プロとしては如何なものかと思うけれど、プロ意識を上回る何かがあったんなら、その理由は何なんだろう?

私の場合なら…
思い出すのもムカつく言葉のセクハラ。未婚と年齢に関するセクハラでしたわ。
さがに仕事中には泣きませんでしたが、ふと思い出しては、悔しさと怒りで涙ぐむことがありましたね。
しばらくは、セクハラ上司の悲惨な死に様を妄想してました…( ̄∇ ̄)

もう一つは、父が亡くなった時ですかね。
お葬式を終えて仕事に復帰しても、これも仕事への集中が途切れると、思い出してウルっときました。

お天気お姉さんも、人間だから何かありますわな。頑張って下さいまし。

万が一、ただのヘタレだったら…仕事の何たるかを誰か骨の髄まで教えたって下さい!