関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
校長先生のお話…
2016年03月12日 (土) | 編集 |
大阪市立茨田北中校長の、2月末日の全校集会での発言が問題視されているとか。

女性にとって最も大切なのは、子供を二人以上生むことで、仕事でキャリアを積むこと以上に価値がある。
なぜなら子供が生まれなくなると、日本国がなくなってしまうから。
子育ての後、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良い。
子育ては、それ程価値のあることだ。
子供に恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれない子供の里親になって育てることは出来る。
男子も良く聞け。子育ては必ず夫婦で助け合いながらするもの。女性だけの仕事ではない。
子育ての後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくこと。
少子化を防ぐことは、日本の未来を左右する。
結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということ。以上。

すみません、私、結婚もせず子供も生んでないし、里親にもなってないので肩身が狭いのですが…
これを読んで女性蔑視だっ!とは思わないですね。
時代が時代なら、マジに納得してたかも…
まあ、2人以上っていう数字を出すのと、キャリアを積むより大事っていう件は、どうかなって思いますけど。
自然界の子孫繁栄システムに単純に乗るには、人間は知性が発達し過ぎていると思うし…

それに、リアルタイム、ピンポイントの現在には、単純に生物学的に子孫を残そうと努力することが難しいのが実情。
っていうか、今の実情が、女性が子供を産み育てて行き易い環境が整っていたら、この話をするのもいいですわ。
今現在、いやどんな時世にも、子育てしてから大学だ、専門職だって、ほぼ実現不可能だと思う。
子育てに何年かかると思ってるのかと。どんだけエネルギーを使うのか分かってるのかと。
この校長先生の言ってることは、実現させる手段を考えてない、希望的空想。

それでも、こういう実現不能の、個人的価値観を若者に話すのもいいかもしれない、とも思います。
時代錯誤なオヤジぃ〜と馬鹿にするのも、怒るのも良し。
そして、よし、日本の為に子供を生み育てるぞっ!と力こぶを見せるのも良し(^_^;)
子供が如何に社会に取って大事かを、この校長先生の話しから理解して、我が子を虐待して死なせるような阿呆な親にさえならなければいい、そう思います。