関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
甘酒から鳥皮のお話…(^_^;)
2016年04月13日 (水) | 編集 |
最近、大流行りの甘酒。私も少し前に買いました。
が、米と麹と水だけでつくっているにも関わらず、めっっっさ甘い…
これはアカン、飲まれへんわぁ〜。
ほの温にすると余計に甘い…これは氷を入れて薄めても、私、飲まれへんわぁ〜…
と思っていたのですが、箱買いしてしまったので、なんとしても飲まなければっ!
飲む点滴、町内環境、いや、腸内環境を整える為にも飲まなければっ!

で、毎朝飲んでいるリンゴとバナナとヨーグルトのジュースに入れてみることにしました。
ただ、これだけだと、甘ったるいままな気がしたので、最初は甘夏…八朔かな?
忘れましたが、少し入れて酸味を足しました。
すると、奥様、激ウマジュースになりましたのよぉ〜(^o^) 一気飲みしてしまいました。
2回目はレモンを足してみましたら、またもやゴクゴクと一気飲み出来ました\(^o^)/

良かったっすわぁ〜、大人買い甘酒達が無駄にならずに済みました。

好感度の低い(^_^;)藤原紀香さんが出演のNHKの番組、「きょうから発酵ライフ」の今日の放送で、塩麹と甘酒の効能と食し方を紹介していました。
キウイと甘酒、試してみたいですね。酸味が強いので、きっと爽やかぁ〜な味になると思います。

余談ですが、塩麹は豚肉や鶏肉を柔らかくするし、深い旨味がプラスされて私は好きなのですが、よく贈答にされる、お肉の味噌漬け的な風味もあって、その風味が兄はイマイチだそうです。
兄は、肉類は塩胡椒でシンプルに食べるのが好きらしいです。ワイルドっすね( ̄∇ ̄)

どんどん余談が広がりますけど、先日、勤め先の宴会で初めて鳥貴族に行きました。
甘めで濃厚なタレが美味しいのですが、私は鳥は塩派なんです。
友達と行く時は、タレはつくねくらいかなぁ〜…
なんですが、勤め先の方々のオーダーは全てタレだったんですよね。
つーかコースの一品として出された鳥皮もタレ焼きで…
鳥皮は塩ちゃうんかいっ!と心の中で叫んでました。
まあ、タレ焼きもおいしかったんですけどね…
つーか、全部美味しかったんですけどねっ!んなら、エエやんけっ!って話しでしたm(_ _)m