関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
東京オリンピックに照準を合わせたら?
2016年06月02日 (木) | 編集 |
正直、大会が始まる前から、男子バレーボールは五輪は難しいだろうとは思ってました。
が、何かしら期待もあった訳で…残念です。

ただ、「何かしらの期待」を持たせてくれたのは、石川選手、柳田選手の登場が大きな理由だし、清水選手もこれまでの清水選手ではなくなっているし、ベテランの米田選手は、長い経験がなくては出来ないプレーも見せてくれたし…
他の選手も含めて、4年前の全日本のメンバーよりもレベルが高くなっていると思う。
実力のある若手が出て来て、人気も再燃して、石川選手や柳田選手とともに、東京オリンピックに出られる青少年が現れるといいなと思います。
石川選手はまだ大学生、二十歳ですもん。これからですね。
まあ、優秀な人材が出て来ても、そこからチームを建て直すのは短期間では無理かもね。

そう、石川選手の出現で人気再燃…
もうジャニーズはいらない…って、バレーボールとジャニーズに何の関係が?って気が遠くなるくらい前から、ずっと思い続けています。
セットとセットの間の休憩時間のコメントも、しら〜っと、夏なのにさむ〜い、負けてるのに空元気なのがイタい…

バレーボール人気を全盛期だった頃にまであげたいな…若い世代にも見て欲しいな…
よし、ジャニーズをゲストに呼んじゃえ!的な流れでジャニーズの固定枠が出来たのでは?
でも、もう石川選手がいてるから大丈夫。速やかにお引取り願って構わなくてよ…って感じです。