関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
胸が痛みます…
2016年07月26日 (火) | 編集 |
障害者施設の殺傷事件、ありきたりな感想ではありますが、胸が痛みます。
胸が痛むとしか、言いようがないです。

一般企業や普通の施設よりもセキュリティが甘かったのでは?
社会的に弱者である障害のある方々に恨みを抱き、しかもある程度隔離されている状態の方々を、外部から意志を持って襲いに行く人間はいないと思いますもん。
でも、外部の人間ではなくて、関係者であった場合は防ぎようがない。
しかも加害者が精神的に病んでいたとなると…不運過ぎます。

この事件で、介護業界の持つ問題が浮かびあがっていますが、私が思うのは、まず第一に大切にしないといけないのは、介護される人よりも介護する人ではないのかなと。
介護に従事している人達が、まず安定した生活と精神状態でないと、他人の世話なんて、仕事だとしてもやってられないと思います。
この犯人は精神を病んでいるようですが、介護従事者の皆さん、あるいは入所者のお身内の方達が、健全な精神を保てるような、そんな介護のシステムを見つけ出せればいいんですけど、難しいですよね…

亡くなられた皆様の御冥福をお祈りいたします。