関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
ミュージカル「マイ・フェア・レディ」
2016年08月23日 (火) | 編集 |
五輪が終わりまして、ネタも尽きた…
いや、五輪ネタが多すぎて、書いていなかったことも…

20日と22日、寺脇康文さん出演のミュージカル「マイフェアレディ」を観て参りました。
2013年に観に行ってから随分経ってますけど、まだ記憶が新しいうちに再演で嬉しいです。

イライザは今回も真飛聖さんと霧矢大夢さんのWキャスト。
前回は霧矢さんの回しか観なかったのですが、今回は両キャストを観ることができました。
どちらも甲乙つけがたいですねぇ〜。どちらも美しい〜…
が、霧矢さんの方が歌声は好きかなぁ〜…

ピッカリング大佐って原作も本当にビッカリングなのか?
役名と田山涼成さんが、ハマりすぎているっ?!
で、調べてみたら、ピカリングってWikipediaに書いてありました。
若干、田山さんに寄せてみたって感じでしょうか?(^_^;)

このミュージカルは、映画版も真剣に見たことがないし、舞台も2013年版が初めてであるにもかかわらず、ソロ曲のほとんどを知っていて、ちょっとびっくりですね。
いろんな場で、一つ一つの曲が歌われているので、自然と耳に入って知らず識らず覚えてたようです。
親しみやすいメロディーなんでしょうね。とにかく、どの曲も楽しいです。

イライザとヒギンズが主役でありながら、一番ノリノリになるのはイライザの父親ドゥーリトルの場面。
「運がよけりゃ」「だが まずは教会へ 」の群舞は、本当に楽しいです。
松尾貴史さんも、とっても演技が上手いです。

私のお目当の寺脇さんのヒギンズ教授ですが、正直、こんなにコミカルでいいのかと…(^_^;)
でも、とにかく明るいストーリーだし、G2さんで演出を一新したので、このくらいやってもいいなと。
偏屈さ故に滑稽という原作のキャラを踏まえつつ、もう少しチャーミングな人物になっていると思います。

真飛イライザと寺脇さんのお気に入りシーン。
イライザに「ひ」と「し」の発音を区別させるための練習でヒギンズがランプを用意。
寺脇さん、ランプにマッチで火を点けたけれど、ちゃんと点かなくて消えちゃったんです。
で、寺脇さんがアドリブで苛々してイライザに「鼻息っ‼︎」と怒ったんです。
すると、真飛さん、両手で鼻の穴を押さえてアドリブ返し。
その後もずっと押さえっぱなしで、「ひ」と「し」の発音練習。
寺脇さん、「押さえても(発音)は変わらないっ‼︎」ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆
手で鼻の穴を押さえているイライザ、めっちゃ可愛かったです(^O^)