関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
町おこしで大麻栽培?
2016年10月17日 (月) | 編集 |
麻製品などに加工するために、大麻の栽培許可を得ていた鳥取県の会社社長が、大麻を隠し持っていたとして逮捕。
麻薬取締部に逮捕されたのは、智頭町にある大麻の加工販売会社社長・上野俊彦容疑者。
容疑は自宅で乾燥大麻88グラムを隠し持っていた疑い。
「人からもらったもので、自分で使うために持っていた」と容疑を認めている。

上野容疑者は「町おこし」のために県から許可を得て大麻草を栽培、麻製品などに加工する会社の社長を務めていた。
栽培許可がある業者が大麻取締法違反の疑いで摘発されるのは初めてらしい。
厚生労働省は、全国の都道府県が出している栽培許可が適正か確認するよう通知を出すことにしている…

麻っていうのは全ての種類で麻薬作用があるのか?と思い調べてみましたら繊維業界で使われるものは、麻薬としての成分が殆ど含まれないよう品種改良したものらしいです。
七味に入っている大麻草の実も、繊維業界のものと同じく、今は麻薬様成分を含まない品種になっているそう。

麻薬成分が少ないとはいえ、自分で栽培していたのに、自分で使う分を人から貰ってたっていうのも、嘘臭い気がします。
「町おこし」で栽培してたそうですが、地域の皆さんに、返ってどえらい迷惑をかけてますやん(-_-メ)
正真正銘に麻商品を作っている、正当で真っ当な他の同業者の方々に対しても失礼ですね(-_-メ)
阿保めっ(#`皿)(#`皿´)/  目ぇ噛んで死んでまえっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆