関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
きつねうどんetcに七味を多めに入れる人です。
2016年12月24日 (土) | 編集 |
全日本フィギュア、無良くん、残念でしたね。
前半はこれはいけるかも…って思ったんですけどね。
ちょっと体力消耗しましたかねぇ。
デカは、良かったですねぇ\(^o^)/
無良くんもデカも男らしい演技で良かったです。
宇野くん、羽生くんがいないので、逆に優勝しないといけないというプレッシャーがあったと想像しますが、プレッシャーに打ち勝って優勝おめでとう\(^o^)/

正直、男子はつまらないんでは?…と思ってましたけど、男子も有望選手が何人も居てるのが判って嬉しいです。
で、女子はっていうと、宮原さんが定位置って感じ。
本郷さんが立て直して来て嬉しい\(^o^)/
真凛ちゃんも復活して良かった良かった(^_^)
女子はいっぱい有望選手がいてるので、みんなパーフェクトな演技が多かったですね。

しかーし…何故だか、母と私、ちょっと見てるのがしんどかったですわ。
なんかねぇ…なんかつまんないんですよね。
心惹かれた選手は本郷さん、真凛ちゃん、三原舞依ちゃんかな…
好みの問題かもしれないけど、なんか一味も二味も足りない気がする。
美味しいもんでも、延々食べ続けると飽きてくるっていうか…

そこに最終滑走に真央ちゃんがっ!(ToT)\(^o^)/
なんかもう、待ちくたびれたわぁ〜って感じ。
たとえ、3Aが不発に終わっても、技術点が伸びなくても、真央ちゃんの魔術師を見たかったわぁ…と。
なんつーか、キレのある辛口の日本酒っていうか、きりりと冷やしたドライなスパークリングワインっていうか、つーか、つーか、爽やかなレモネードを飲んだっていうか…
一味唐辛子?七味?いや、山椒?…
なんか、パンチのある刺激のある演技見られて良かったですよ。

ほんと、正直、演技はパーフェクトに仕上げてくる女の子たちでしたが、で?んで?っていう…
私は、きつねうどんも天ぷらうどんも蕎麦も、絶対に七味を入れるのっ(ノ`△´)と叫びたい衝動に駆られてました。
で、真央ちゃんにガツンと七味も一味もタップリ入れてもらえて、しかも最終滑走だったんで、気分が治りましたよ。

女子ってこれからずっとこんな感じなんでしょうか?
誰か3Aでも4回転でも挑戦して欲しいわ…それが定番になって欲しい。
男子はこれでもかっ!というくらいテンコ盛りに派手に技術を盛ってきてるけど、女子は細かい加点狙いばっかりで、その先に一歩進んでくれっ!って思う。
試合に勝つために、一か八かの荒技テンコ盛りの賭けなのか、細かく小技差し挟みの精密&地道なのか…
見る人の好みなんでしょうけど、音楽を必須とする競技なら、前者の方が決まった時に、めっっっさカッコいいと思いますよ。

まあしかし、男子でも3Aは難しいようだし、あのパトリック・チャンでも苦手らしいから、女子は二の足を踏みまくるわな。
考えてみりゃあ、4回転に執念を燃やした安藤美姫さんや、3Aを飛んでみた中野友加里さん、そして真央ちゃん…
あの頃はいい時代でしたなぁ〜…挑戦することに意義がある時代でしたなぁ〜…と、懐かしく思った全日本女子SPでございました。

あっ、高橋くんの真央ちゃん評が、本質をついていて、母と2人でわかってるわぁ〜高橋くん!と喜びました(^_^)