関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
「相棒」、昔の方が面白かった…
2017年01月02日 (月) | 編集 |
「相棒」の元旦スペシャルを昨日見て、今日は神戸尊版の再放送を見ました。
結果、神戸尊版の方が、よっぽど緊縛感があって面白かったです。
その当時は、亀山薫時代の方が面白かったなぁ〜って思ってたんですけど、今のシーズンと比べると、神戸版の方が面白い。

甲斐亨版も昔と比べるとイマイチだなと思ってましたが、冠城亘版に比べると、カイトくんの方がまだマシっていうか…
カイトくん時代は、たまに良いなぁっていう渋いストーリーがあったのですが、冠城くんシーズンは、未だ納得出来るストーリーが無い…

相棒ってザクっと言うと半年やってますやん。
それがもう2シーズン目というのに、まだこうグッとくる作品かせ無いですね。
これは水谷さんはともかく、反町さんにも気の毒だと思うんですけど…
ネタ切れって言いますけど、「ドクターX」なんかは、ほとんど水戸黄門化のマンネリでも面白い。
っていうか、ほとんど個性的な俳優陣の力量に頼ってる感もありますが…(^_^;)

岸部一徳さん、六角精児さん、大谷亮介さんを卒業させたのは、どうなんでしょう?
御本人達が自己申告したのか、辞めさせたのかはわかりませんけど、明らかに楽しくなくなった気がします。
今、心配しているのは、山西惇が卒業させられないかという…
そうなると、もはや「相棒」ではなくなる気がします…