関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
子役を連日深夜残業…鬼畜め(#`皿)(#`皿´)/
2017年03月01日 (水) | 編集 |
5月放送のWOWOWドラマ「東京すみっこごはん」の撮影現場で、法令違反の子役の就労時間オーバーが相次いでいたことが、またまた週間文春の取材で明らかに…

子役の稲垣来泉ちゃん6歳が昼12時から翌朝5時まで、17時間撮影で拘束。
監督の三島有紀子氏は来泉ちゃんの演技に納得がいかず、深夜3時過ぎからダメ出し連発、数十回の撮り直しを強行。
プロデューサーの森井輝氏も現場にいながら撮影を中断せず。
来泉ちゃんは母親に抱き付き、肩を震わせて泣き始めた…(ToT)
この前日も来泉ちゃんは深夜2時まで14時間に及ぶ撮影だったとか。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

労働基準法では満13歳未満の年少者の20時から午前5時までの就労を禁止。

マジに鬼畜ですわ(ノ`△´)
監督もプロデューサーも、死んでまえっ!(#`皿)(#`皿´)/
っていうか、お母さんはなんで黙ってたの?
力関係に屈してたのか、子役として成功させたい為に心を鬼にして…?
いやいやいやいや、もう親さえも鬼になってしまったら、子供はどうすればいいの?
すっごいトラウマになるんじゃないの?

子供の将来を考えて心を鬼にしてっていうのとは違うと思うわ。
子供の将来の選択肢は、芸能界だけじゃない。
親の思い入れは子供の人生の障害物になるんでは?
子役でもプロ。っていうのはわかる。
でも母親はステージママではなく、ただのママでいるべき。

正直、一般人には監督とかプロデューサーの権威が如何程なのかわかりません。
しかし、法令違反で子供を虐待する権利は無い。
そんな無法者に権威なんか無い、人間性としては、塵の重さとクズの値打ちしかないと思う。