関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
三原舞依ちゃん、キタァーーーッ\(*^▽^*)/
2017年04月01日 (土) | 編集 |
三原舞依ちゃん、キタァーーーッ\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/
良かったわぁ〜自己ベスト更新m(;∇;)m

ソチの真央ちゃんの演技を見てイメトレしたとか…
なかなか、イメトレだけではできませんよ。やっぱ実力。
初のデカイ大会で緊張しただけでしょう。
十分に実力を見せ付けられたと思いますよ。

控えのスペースで、ワグナー、コストナー、三原さんの図が、最終グループのカレン・チェンまで崩れなかったのが、やっぱ大御所ってすごいな…って思いました。
三原さんも大御所二人と同席って、緊張したんじゃない?嬉しかっただろうね。
SPさえ決められていたら、三原さん、チェンの上には絶対に行ってたよね…残念。

初の最高峰の試合に出て、三原さんは1日毎に色んな思いを巡らせて、喜怒哀楽もクルクルと変わっただろうけれど、全部は経験。
五輪、三原さん、絶対に行ってね!

で、ひぐっつあん。
まあ、初めての世界選手権はこんな感じだった、って普通の世界選手権なら思えた。
五輪の枠取りがかかる大会だから、外野の喧騒が色んな雑念を膨らませる。
パーフェクトに演じるのは難しかった、それだけですね。
ただ、そこをやってのけてしまう人が、日本人にも外人にもいる。
先輩たちも、長年、そういうのと戦ってきた。
なんで、まあ初めてだから、っていうのも、世界的には通用しないようになってきました。
一流ってそういうことだと思います。

本郷さんは、怪我を推して宮原さんの代わりに出場。
お気の毒です。お疲れさまでした。
本当なら、ゆっくり休めて怪我を癒せていたのにね。
ただ、失礼ながら三原さんとひぐっつあんでは、体型的に華が…ない…m(_ _)m
なんで、本郷さんが出場してくれて良かったですわ。
ありがとう(^▽^)