関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
京都、紅葉の季節まで、さよなら〜(^_^)/~~
2017年06月07日 (水) | 編集 |
最近、日記をサボりがちです…
が、このペースに落として行きますわ。寄る年波なんで…

「橋下×羽鳥の番組」で京都府知事が出演されたらしい。
京都LOVE、自己愛丸出しのお話になって、心の中で大阪をバカにしてますと…
そんなこと、わざわざ言われなくても、京都人なら当たり前の気質ですよねー。

私、生まれてから現在まで、散々京都には足を運んでいますけれども、京都って素敵!って思うところは、寺社仏閣に限られている…って、ある時に気づきました。
だって、それ以外は狭こいんですもん…その狭こい所に修学旅行生、外国人観光客、一般観光客が、どどっと押し寄せる。
ほんと、狭こいっ!イラっとする(-_-メ) んですよ。
むしろ、京都人が京都と認定せずに、クソ田舎とバカにしているらしい地域の方が風景も気持ちがいいですね。

以前、長年勤めていた会社で、京都出身の方を二人存じていますけれども、中心部に住んでいる方は、本当にウザかったです(^_^;)
宇治出身の方は、お美しくて、気持ちも優しくて、素敵な方でしたけど…
あ、すみません、見た目、かなり点数に入ってます…(^_^;)

ウザい人は多分、その人自身に問題があった訳で、京都人だからではないんでしょうけれど…
いわゆる、典型的なヒステリー気質の方だったんですね…
ちらっちらっと見せる、いや、ワザと見せる、アタシって京都人だからぁ〜的な感じが、失笑を隠すのがつらいほどに、痛いんです。
激イタだったんですよ…
こっちとしては、っていうか、同僚全員としては、で?んで?って感じなんですけど…
京都をウリにして、アクセサリー化している感じが、身の程にあってないっていうか…

その人一人に出会ったことによって、京都人って京都の歴史ほどには深くない、薄っぺらいんだなぁって評価を下してしまいました。
他の善良な中心部に在住の真正京都人の皆様、申し訳ございませんm(_ _)m
きっと、真正京都人の皆様にも非難を受ける方であると、確信いたします。

で、ある時から、子供の頃から慣れ親しんでいる奈良に回帰しているんですよね。
まあ、奈良県民の方も、大阪のことは嫌いでしょうけれど…(^_^;)
私自身は、奈良LOVEです。
ベストのお気に入りは唐招提寺ですかね。

先日は奈良公園の国立博物館に快慶展を見に行きました。
その前に、国宝館が耐震工事中ということで、仮講堂に阿修羅像を始めとする仏像を、例えるなら京都の東寺のような立体曼荼羅的に配置して展示されているのを拝観しました。

いやぁー、圧巻でしたねぇ…なんか、こうあるべき姿というか、仏教としての宇宙観が作り出されていた空間でした。
中心の阿弥陀如来像の前に立つと、自然と手を合わせておりました。
快慶展も良かったですよ。仏像の数のボリュームも凄かったです。
マジに快慶、大活躍してたんだなぁって…

入り口すぐ側にあったボストン美術館所蔵彌勒菩薩立。
こちらから見て左、つまり仏様の右目の目尻が照明の加減か光って見えて、涙ぐんでいる様に思えました。
日本に帰って来られたことを喜んでいるのか、海外に渡ってしまったことを悲しんでいるのか…
勝手に想像して、こっちも涙ぐみそうでした…妄想過ぎますね…

話、なんでしたっけ?
ああ、京都の話でしたね。どうでもよくなりました。
先月に海北友松展に行きまして、その時点でクソ暑かったので、「紅葉の頃まで、さよなら京都」って心の中でつぶやいておりました。
まあ、奈良も暑いんで、しばらくは行かないでしょうけれども…
長々と書きましたが、私は京都よりも奈良押しです、ってことは、ハッキリ伝えておきます!
それと、私の知り合いの奈良県民は、広域連合に入らないことを不満に思っていますと、奈良県知事のお耳に入ることを祈っております。