関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
LOVE ON THE FLOOR 2017
2017年06月24日 (土) | 編集 |
昨日、高橋大輔くんの「LOVE ON THE FLOOR」を見に行ってきました。

上京は数年ぶり。昔、仕事で何回も東京出張をしていたにも関わらず、前日は緊張していました。
昨日ほど、スマホというものの有り難さを知った日はなかったかな…
交通手段、時間設定、所在地等々、事前に、リアルタイムに知り、予測し心構えが出来るというのが素晴らしい。
と、今更の今更なんですが、ありがとう、iPhoneって感じでした。
まあしかし、前日にド緊張していた割には、品川駅に着いて山手線に乗りゃあ、昔の感覚が戻ってきましたけど。

そんなお上りさん(死語?)の話はどうでもよく…

2016年版はテレビで見まして、それだけでも大興奮だったのですが、今回ライブで見ましたら…
フィギュアスケートの現役時代、試合に臨む高橋くんに対しての感情が蘇ってきました。

大丈夫かしら…?ソロ、大丈夫かしら?
ああ、とってもカッコよく踊ってるわぁ〜(ToT)
傘、大丈夫かしら?怪我しないかしら?落とさないように…
めっっさセンスよく踊ってるわぁ〜……等々…(^_^;)
もう息子の晴れ舞台的な気持ちになってました。
心配性のお節介ババアみたいに観てましたよ(^_^;)(^_^;)

オープニングの高橋くんのソロは、今年の方が私は好きです。
曲も去年の「Song For You」よりも今年の「GLORY」の方が好みですわ。
「Song For You」は名曲ですが、殆ど古典に近いですよね。
素敵なソロだったけれど、踊るには難しい曲だなぁと思ってました。

今回のソロは他のダンサーも参加。
体格的にも経験的にも高橋くんは不利…なはずなんですけれど、真逆にとても輝いていました。
まさにGLORYですね。
島国根性丸出しですが、高橋くんの表現には日本的な叙情が感じられる。
ストレートではない、秘められた感情がゆらゆらと立ち上がって、そして一気に迸る情熱…
贔屓目過ぎですかね?

「雨に唄えば」にも参加したのは嬉しかったですね。
スカパーで練習風景を見てたので、どんな風になるのかと期待してました。
可愛かったわぁ(^_^)

「Time Is Running Out 」、これは今回、台から高橋くんが降りて、かなりの空中戦を繰り広げるっていうのもスカパーで見ていたので、完成系はどうなるの?とドキドキしてました。
っていうか、絶対に高橋くんを落とさないでぇぇぇーーーって祈ってました(^_^;)
やっぱ、舞台奥で踊ってるより、前に出てきてくれた方が嬉しいですね。

あとはシェリルさんとジェイムズさんのリフトでブンブングルグル回しが凄すぎて…
もしかしたら、一番拍手したかも…
ほんと、無茶してるわぁ〜ってくらいに(>_< )Ξ( >_<) (@O@)なんです。
マジで四尺玉の花火があがったくらいの迫力でした。

詳細は7月、スカパーで放送されるそうなんで、それ見て下さい、で済ませます、すみませんm(_ _)m

カーテンコールの時は、チャーリー・ホワイトさんが舞台から降りてきて、ハイタッチしてくれました。
通路側の席で良かったよぉ。やっぱ男前でしたわぁ\(^o^)/
で、終演後の舞台挨拶は、パートナーのメリル・デイビス嬢。
なんつーか、いろいろ可愛エエですなぁ〜。高橋くんがメリルLOVEなのもわかりますよ。

楽しかったですわ。思い切って有休を取って、東京に行って良かったです。

ダンスの経験が去年のアイスショーの演技に如実に表れていて、グレードアップされていたので、今年のアイスショーの演技も楽しみです(^_^)