関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
「父親の反対」で連想されるのは…船越そして錦織
2017年08月08日 (火) | 編集 |
最近、とかく噂の錦織圭くんの彼女。

彼女がどれほどの悪女なのかわかりませんが、それを脇に置いても、最近の錦織くんのゲームがイマイチだよなと。
それはもう、本人のせいであって、悪女さんのせいではないのでは?

もし悪女さんが実際にサゲマンビームを出していたとしても、錦織くんが世界の頂点に一度は立ちたいと真剣に思っているなら、サゲマンビームから自発的に逃げると思うんですわ。
それをしないのは、もう頂点には立てないな…っていう諦め的な気弱になっているのではないかと心配です。

悪女さんの悪女っぷりの噂の中で、一番アカンやろ〜と思うのは占い師依存ですね。
錦織くんのブラックカードを使いまくっているっていう話より、占い師の方がどんだけ胡散臭いって話ですよ。

錦織パパも二人の交際に反対しているそうですが、今時、親が反対したから結婚できないっていう時代でもない。
だけど今、まさにこの時点で、「父親の反対」というキーワードで、全日本国民が容易に連想することが出来る事象がありますよね…
松居一代騒動。この一件で今、日本中に「親に反対されたら結婚したらアカンで!」風邪がアウトブレイクしているのでは?
この風邪、錦織くんも感染して欲しいですね…(^_^;)