関西女の徒然日記…毒とロマンを持って書きまする。
男子バレー…アタフタ、ドキマギ、ドタバタ…orz
2017年09月16日 (土) | 編集 |
母はバレーボール観戦が好きです。女子のみ…
「めちゃめちゃ、弱っ!」と連日の男子の試合ぶりにキレています(^_^;)

男子チームは全員が平成生まれだそうで、こぇ〜と思いましたけれど、平成元年生まれの人は今年で29歳なんすよね…
もっと、こぇ〜〜〜…昭和は遠くなったわ。

あと1試合残ってますけど、おそらく全敗でしょう、予想通り。

見てると、アタフタ、ドキマギ、ドタバタが多過ぎ。
若いチームで、経験が不足しているのは確かですが、予想力なさ過ぎ、単細胞のノータリンなことしている時が多いですよね。
「自分たちは弱いです。」という感覚が、潜在意識に深く根を張っていて、脳が対応力と適応力に制限をかけているのでは?
ラッキーな展開になっても、全然活かしきれていない、どないやねん?っていう失点が山のようにある。
腸は脳より賢いらしいですから、今大会が終わったら、全員、東京五輪まで、発酵食品で腸内環境を整えたらどうかと。
もうねぇ、体格的、身長的に恵まれていないっていうハンディをはるかに超えて、くっそ弱い。

こんなにも弱いのに、いい加減、ショーみたいな演出やめた方がいいわ。
恥ずかしすぎるもん。
そんなことにお金かけるんだったら、選手の育成に力を入れるようにスポンサーになった方がいい。

何かしらのイライラ感は、競技は違うけれども、いつもイチローの活躍で払拭してくれています。
今日は、ロンバルディア杯の宇野昌磨君で、洗い流しました\(^o^)/